スマートフォン版へ

【佐藤哲三×小島友実】日本の馬場は世界一!? 今こそ高速馬場を考えよう(前編)

  • 2019年09月08日(日) 18時02分
ノンフィクション

▲ファンからも疑問の声が多い高速馬場について徹底討論!(C)netkeiba.com


昨年のジャパンCでアーモンドアイがマークした2分20秒6の世界レコードや、本日開催された京成杯AHで1600mのJRAレコードが更新されるなど、速いタイムがでる度に話題となる“高速馬場”。ファンからは、「有力馬の故障の原因」、「海外の強豪馬の来日が遠のく」などの声が上がる中、「日本の馬場は世界一」と話すのが元JRAジョッキーの佐藤哲三さんだ。果たして、その真意は? そして騎手経験者が考える理想の馬場とは? 今回はJRAの馬場を15年以上取材している小島友実さんと共に、日本の馬場を徹底討論する。

(構成・文=小島友実)

時計がかかる方が怪我のリスクは増える!?


小島 この春の東京芝は特に時計が速かったですが、哲三さんの印象はいかがでしたか?

佐藤 馬場の手前やスタンドの上から見た中では、綺麗で走りやすい馬場でGIレースが開催されているなと感じていました。

小島 今年春前半の東京芝はとにかく状態が良かった。これに尽きますよね。そもそも昨年のジャパンCで世界レコードがでたように、東京は昨秋から良い状態のままで来て、今春もあまり傷む事なく進んでいきました。というのは、春の東京はAコースで始まって、ヴィクトリアマイルの週にBコースに替わり、ダービーの週からCコースになる。つまり、例年以上に良かった状態の中で、コース替わりもプラスに働き、春のGIは良いコンディションの中で行われた事も大きいと思います。

ノンフィクション

▲今年のダービー週、5月21日に撮影した東京芝コースの直線。この週からCコースに替わり、傷みがカバーされたため、内側が走りやすい状態だった(撮影:小島友実)


佐藤 返し馬の蹄の音を聞いても、硬そうという印象はなかったですね。

小島 私も何人かの騎手に聞いたのですが、「凄く走りやすい馬場で、硬い感じはしない。ただクッションが効いているからか、思っていた以上の時計がでる」という意見が多かったですね。そして、時計が速くなると関係者やファンの中から必ず、“速い=硬い。故障が増える要因になるのでは”という意見がでてきますよね。

佐藤 僕は速くていいと考えています。速い方が故障は少なくなると思っているから。

小島 え!? 騎手側の方から、そのような意見を聞くのは初めてです。その理由は後で伺うとして、まずは興味深いデータをご紹介しましょう。表1を見て下さい。

■表1
ノンフィクション

▲1989年から2018年の東京競馬場の芝馬場硬度と芝1600mの走破タイム。硬度は段々下がってきている(軟らかくなってきている)が、タイムは速くなっている(提供:JRA)


 これは1989年から2018年までの東京競馬場の芝1600m(良馬場・古馬500万下)の平均タイムと馬場硬度の推移です。硬度は数値が高いほど、硬い事を示しています。この表を見ると、やはりタイムは速くなっている。でも硬度は下がってきていますよね。つまり軟らかくなってきているんです。実はこれ、東京競馬場だけではなく、JRA全10場で言える傾向。JRAでは近年、軟らかい馬場造りを進めていてエアレーション作業を取り入れていますから、その効果でしょうね。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

netkeiba豪華ライター陣による本格的読み物コーナー。“競馬”が映し出す真の世界に触れてください。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング