スマートフォン版へ

【ローズS・セントライト記念追い切り】最後の1冠に向け好スタートを切るのは!?

  • 2019年09月11日(水) 18時00分

高速の馬場状態が今週どうなるか?も焦点


 先週は学生対抗予想イベントで土日ともに中山競馬場。というわけで、とにかく速かった中山芝のレースをライブで体感してきました。どんなに速いペースで飛ばしても「ほぼ」止まらない。ここに「ほぼ」と付けたのは、逃げ先行有利と読んで本命を打った馬だけが、なぜだか止まったので。たとえば、京成杯AHのプールヴィルとか(笑)。

 今週も同じような馬場になるのか。これは週中の天気も関係してくるでしょうから、現時点では予測も難しいところ。ただ、基本的に前有利は大きく変わらないでしょう。セントライト記念は今年のメンバーだと、そもそも逃げ先行が人気しそうですが、ここでは馬の状態に関して、調教を踏まえた情報をお届けします。

【ローズS/ダノンファンタジー】

 8月18日から坂路で本格的に時計を出し始めて、2週前追い切り、1週前追い切りがともにCW。最終追い切りはいろんなパターンを経験してきているだけに、どの選択になるかと思いましたが、今回はチューリップ賞と同じCWでの4F追い切りでした。

 川田将雅騎手が跨って、3コーナーからCWへ入場。スタート直後は折り合う様子を見せていましたが、カーブ地点のあたりでは頭を上げる仕草。最初のラップが13.7秒でしたから、これを遅くて嫌がっていたのかも知れません。だからといって折り合いを欠くわけではなく、鞍上がうまくなだめながら最後の直線。ここは力強く伸びて、時計は4F50.4〜3F36.7〜1F12.0秒。特に問題ない仕上がりでの出走となりそうです。

ダノンファンタジー

特に問題ない仕上がりでの出走となりそうなダノンファンタジー


【ローズS/シゲルピンクダイヤ】

 桜花賞2着後に期待されたオークスは惨敗。ここは仕切り直しの1戦となりそうですが、調教パターンに変化が出てきました。それが1週前追い切りのCW。デビュー戦の2週前追い切りでCWを利用したことはありましたが、それ以降はすべて坂路での追い切り。そんなこともあって、時計は速くても、少し内にささりながら走っている印象でした。

 最終追い切りもCWになりましたが、やっぱり併せる形だとなかなか追い抜けません。相手が2歳ということもあって、最終的には突き抜けていますが、このあたりが課題なのかも。抜けてからは11.8秒でまとめていますから、その脚力はさすがですが、やっぱり競馬スタイルには注文がつくタイプでしょう。

シゲルピンクダイヤ

シゲルピンクダイヤは競馬スタイルには注文がつきそう


【セントライト記念/リオンリオン】

 青葉賞を勝って、期待された日本ダービーでしたが、急遽の乗り替わりといったこともあり、15着の惨敗。ただ、松永幹夫調教師は「これでうちが出走すれば、ハナは譲らないということを分かってもらえたと思うし、秋に向けては決して悪くない内容だったと思います」と前向きに捉えていました。

 今回は函館競馬場に入厩して、ウッドチップで乗り込んでからの栗東入厩。1週前追い切りはCWであまりにも後ろから追いかけすぎたため、追いつくのがやっという内容になりましたが、負荷としてはしっかりしたものになったと思います。それだけに最終追い切りでどんな動きを見せるか注目ですが、それ以上にレースで予想される逃げっぷりにワクワクしてしまいます。

リオンリオン

リオンリオンのレースでの逃げっぷりにワクワクしている


【セントライト記念/エングレーバー】

 プリンシパルSの最終追い切りがCW、宮崎特別の最終追い切りが坂路。同じ2着ですが、さすがに前者の2着の方が価値があると思いますから、やっぱり最終追い切りはCWがベストでしょう。ちなみに中山で500万下(現1勝クラス)を勝ち上がった時の最終追い切りは坂路で15-15でしたが、これは変則日程が関係しています。

 今回の最終追い切りは藤岡佑介騎手が跨っての単走。そもそも2勝馬は抽選というところにジョッキーが固定されている状況が、この馬の期待された能力を感じますし、実際に最終追い切りのCWでの動きを見ていても、自分のリズムで競馬した時の強さはイメージできます。今回は自らハナを切る必要がなさそうなだけに、ベスト条件でレースを進めることができそうです。

エングレーバー

エングレーバーはベスト条件でレースを進めることができそう


【セントライト記念/タガノディアマンテ】

 中山競馬場でのレースはスプリングS、皐月賞と2走していますが、いずれも二桁番手からのレース。明らかに今の馬場状態には有利とは言えない脚質ですが、中間の調教内容を見るかぎり、トライアルだからといって軽視できない状態であることは間違いありません。

 前記2レースが1週前追い切りがCWで併せ馬に先着しているので、その時点で今回の追い切りも評価できますが、強調したいのは追走して先着したところ。しかも外を回って、前を捕まえたところです。京都新聞杯のように先行すれば伸びはひと息ですから、やっぱり差してナンボの馬。そこに磨きをかけるような内容は本当に魅力的。まして、先週の馬場で差し馬に乗った時の田辺裕信騎手のライディングは素晴らしかったと思いますから、馬と騎手の呼吸がうまく嵌ると思います。

◆次走要注意

・9/8 習志野特別【サトノエルドール】(1人1着)

 単勝1.5倍の人気に応えたものの、パドックでの様子を見ていると、そこまでの安定感がない幼さがあります。ただ、出雲崎特別のパドックよりは落ち着いて周回できていたと思いますし、一戦ごとに集中力も出てきました。より落ち着いて周回できるようになれば、重賞勝ち負けレベルの素質馬でしょう。

[メモ登録用コメント] [パドック]常に落ち着いて周回できれば勝ち負け

◆今週の追い切り特報

・阪神ジャンプS【ブライトクォーツ】

 CWでの追い切りでは、常に1F13秒台のラップを持続できるタイプですが、今回は12秒台を踏みながら、最後は13.0秒でまとめて、6F78.2秒。ある程度のスピードを持続できるスタミナは、まさに中山大障害向き。ここで負けるわけにはいきません。

【予想】井内利彰の勝負予想は『ウマい馬券』でチェック!

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

調教をスポーツ科学的に分析した適性理論「調教Gメン」を操る調教捜査官。著書に「調教Gメン-調教欄だけで荒稼ぎできる競馬必勝法」「調教師白井寿昭G1勝利の方程式」「100%激走する勝負調教、鉄板の仕上げ-馬の調子、厩舎の勝負気配は調教欄ですべてわかる」など。また「Beginners room」では競馬ビギナー向けに教鞭をふるう。 関連サイト:井内利彰ブログ

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング