スマートフォン版へ

【横山典弘×藤岡佑介】第2回『野平祐二さんのようなジョッキーになりたかった』

  • 2019年09月11日(水) 18時02分
with 佑

▲名手が憧れる“野平祐二”、その魅力と伝説とは (C)netkeiba.com


横山典弘騎手との注目の対談。今回のテーマは「ジョッキー人生に転機をもたらした馬や人」。今やノリさん自身が後輩ジョッキーたちの憧れの存在でありますが、そんなノリさんに多大な影響を与えたひとりのジョッキーがいました。名手の核たる部分の礎となった、“野平祐二”の魅力と伝説に迫ります。

(取材・文=不破由妃子)


「ノリ、ただ勝つだけじゃダメなんだぞ」


佑介 馬乗りのスタイルに関しては、若い頃から信念を貫いてきたとおっしゃってましたが、馬そのものに対するポリシーとか考え方という意味で、大きな影響を受けた馬はいますか?

横山 ハッキリ言って全部だね。メディアで取り上げられるのは大きいレースを勝った馬の話ばかりだけど、デビューした頃に乗っていた馬とか、もっと言えば、競馬学校時代に乗っていた馬たちも俺にいろんなことを訴えてきたし、それを感じ取りながらここまできた。

 すべての馬たちから少しずついろんなことを感じて、それが積もり積もって今があるからね。

佑介 たとえば、ジョッキー人生に転機をもたらした馬とか。

横山 転機をもたらしたということでいえば、(メジロ)ライアンになるんだろうけど…。でも、どうなんだろうね。馬名を出しても誰も憶えていないような未勝利馬でも、すっごくいい馬はいたし、そういう馬たちからもたくさんのことを教えてもらってきた。

 なんていうのかな、「心を擦り合わせることができれば、いい走りができる」…、それを教えてくれた馬はたくさんいたからね。ただ、結局はね、どんなにいい走りができても、能力がなければ勝てない。だから、メディアに取り上げられることもない。

佑介 絶対能力ばかりはどうしようもありませんからね。

横山 うん。どうやってもディープインパクトに敵わないのはそういうこと。人間にたとえると、俺が死ぬ気で勉強したら東大に入れるかといえば、絶対に無理だからね。それと一緒でさ。

佑介 たしかにノリさんの会心は、グレードとかあんまり関係ないですもんね。僕のなかで、“本当に思った通りに乗れたときに出るノリさんのガッツポーズ”っていうのがあるんですけど、それを見ることができるのも重賞やGIじゃなかったりするし。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

質問募集
with 佑 / 藤岡佑介
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ
with 佑とは
JRAジョッキーの藤岡佑介がホスト役となり、騎手仲間や調教師、厩舎スタッフなど、ホースマンの本音に斬り込む対談企画。関係者からの人望も厚い藤岡佑介が、毎月ゲストの素顔や新たな一面をグイグイ引き出し、“ここでしか読めない”深い競馬トークを繰り広げます。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1986年3月17日、滋賀県生まれ。父・健一はJRAの調教師、弟・康太もJRAジョッキーという競馬一家。2004年にデビュー。同期は川田将雅、吉田隼人、津村明秀ら。同年に35勝を挙げJRA賞最多勝利新人騎手を獲得。2005年、アズマサンダースで京都牝馬Sを勝利し重賞初制覇。2013年の長期フランス遠征で、海外初勝利をマーク。2018年には、ケイアイノーテックでNHKマイルCに勝利。GI初制覇を飾った。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング