スマートフォン版へ

【京成杯AH】ライバルを翻弄した典さんのトリック 大胆さと繊細さを兼ね備えた大逃げ

  • 2019年09月12日(木) 18時01分
哲三の眼

▲あっと言わせた横山騎手の独走劇を解説(c)netkeiba.com、撮影日は7月6日


今回は、京成杯AHでさく裂した横山騎手のあっと言わせる大逃げに迫ります。トロワゼトワルに騎乗し、日本レコードを記録しての逃走劇は、開幕週というコンディションやレース全体の流れを読んでうまく周りを欺いた戦術、そしてそれを活かす洗練されたテクニックが噛み合ってのものでした。哲三氏も「最後までワクワクさせられた」と述べる魅力的な一戦を解説していきます。(構成:赤見千尋)

「ペースを落としている」と周りに思わせておいて…


 今週振り返るのは京成杯オータムハンデキャップ。4番人気だったトロワゼトワルがレコードタイムで逃げ切りました。どの馬が逃げるのか、というメンバー構成のなか、(横山)典さんらしい素晴らしいレースをしてくれましたね。

■9月8日 中山11R(10番:トロワゼトワル)

 僕は今回この馬を本命にしていて、どんなレースをするんだろうと楽しみにしていたのですが、逃げた時には「そうきたか!」と思ったし、最後は粘るのか止まるのかという醍醐味を味わえて、本当にワクワクさせてもらいました。ある意味想定と違う騎乗、あっと驚く戦術を取って、しかもそれで結果を出してしまう。改めて典さんのすごさを感じたレースでした。

 今回のラップを見てもらうと、2ハロン目から10秒台を連発しているんです。でもタイムだけ見て「速い」というのは早計な話で。先ほども言いましたが、今回は明確な逃げ馬が不在で、どの馬が行くのかというのも一つのポイントでした。その中で逃げたのが典さんだった。

 道中ペースを落とすだろう

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1970年9月17日生まれ。1989年に騎手デビューを果たし、以降はJRA・地方問わずに活躍。2014年に引退し、競馬解説者に転身。通算勝利数は954勝、うちGI勝利は11勝(ともに地方含む)。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング