スマートフォン版へ

エビフライは名古屋名物なのか?

  • 2019年09月17日(火) 18時00分

名古屋競馬場は地元グルメが目白押し


 名古屋には名物の食べ物が多い。ひつまぶし、手羽先、きしめん、味噌カツ、どて煮などは昔ながらのもので、台湾ラーメンも発祥は名古屋と言われている。最近になって聞くようになったのが、あんかけスパゲティとか、小倉トーストとか。

 そしてなぜこれが名古屋名物?と思うのが、エビフライ。ネットで検索してみると、どうやらタモリさんが、かつてのお昼の長寿番組で「名古屋ではえびふりゃ〜ばっかり食べとる」とか言ったのがきっかけで、それに名古屋の食堂やレストランが便乗して有名になった、ということらしい。タモリさんと昼の高視聴率番組は、それほど影響力が大きかったということか。

 名古屋競馬場は、地方競馬の中でも特に地元グルメが楽しめる競馬場だ。しかしながら調べてみてちょっとびっくり。このコラムではまだ名古屋メシは紹介していなかった。

 名古屋競馬場には、きしめんも味噌カツもどて煮もあるが、今回は“なぜこれが?”の、えびふりゃ〜。いや、地元名古屋の人たちは「えびふりゃ〜」という言い方はしない(らしい)。

 そういうわけで、名古屋競馬場で大満足のエビフライが食べられるのが、『当り屋』さん。いかにも馬券が当たりそうではないですか。

馬券も当たりそうな『当り屋』


『当り屋』さんは、かつてはスタンド2階でカウンターだけのこぢんまりとしたところで営業していたが、空き店舗ができたからなのか、何年か前に、正門からパドック方面に歩いた食堂街に移転して、広々とした食堂らしいお店になった。

 エビフライは単品でも食べられるし、エビフライカレーというメニューもある。しかしここはぜひ、

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング