スマートフォン版へ

【ローズS・セントライト記念】 相手関係と力差、そして血統が明暗を分ける!

  • 2019年09月17日(火) 18時00分
予想の頭脳

リオンリオンが先行抜け出しでの勝利。鞍上・横山典弘騎手は2週連続の重賞制覇。(撮影:下野雄規)


『ウマい馬券』で活躍するプロ予想家たちの“思考回路”に迫る「予想の頭脳」。今回は秋華賞と菊花賞に直結する、ローズSとセントライト記念を見事に的中させた予想家を取り上げます。春の実績馬と夏の上がり馬が激突する力量比較のむずかしいトライアルを一体、どんなアプローチで攻略できたのか。その“頭脳”に迫ります!

距離適性と陣営の勝負気配を読み解き完全的中



 最初に紹介するのは、日曜のローズSを的中させたnige氏です。本命の◎ダノンファンタジーを「今回は阪神1800mになるので、距離短縮は歓迎」と、まずは適性を評価。さらに「これから秋華賞、エリザベス女王と距離が伸びていく今後のローテを考えると、この相手の1800mなら勝って少しでも距離の不安を消しておきたいはず」と、勝負度も考えての自信の指名でした。

 本命だけでなく、3頭に絞った相手もしっかりと2〜4着を確保。4頭すべての見解も読み応えがあり、完璧に読み切っての3連単107倍を1,000円的中はお見事でした!予想結果はこちら

予想の頭脳

印をつけた4頭がすべて掲示板という完璧な予想を披露。見解もしっかりしており、的中も納得と唸らされる内容だった。



コースから浮上してきた血統データで本線ズバリ!



 もうひとりは、月曜のセントライト記念を的中させた栗山求氏です。◎リオンリオンを、「ルーラーシップ産駒は中山芝2200mで連対率33.3%。これは2010年以降、当コースで産駒が20走以上した24頭の種牡馬のなかで第1位」と本命に抜擢。

 しかも「成長力のあるルーラーシップ産駒だけに夏を越してさらに地力強化が期待できる」と、適性だけに止まらない、得意の血統予想の“厚み”も感じさせる見解を記していました。そして、こちらも相手を5頭に絞って、そのうち4頭が2〜5着に入り、きっちりと3連単586.9倍を仕留めてします。予想結果はこちら

予想の頭脳

独自のコース適性データと血統をもとにした見解から的中を導き出した。



 栗山氏は血統をベースとした予想で国内だけでなく、海外の競馬予想でも活躍中。今秋行われる凱旋門賞などでもチェックしてみてはいかがでしょうか。

お気に入りの予想家を逃さずキャッチ! 自動購入機能がオススメです。


予想家をお気に入り登録する方法は
通知設定の方法は
どんな方法で通知されるの?

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

高回収率をたたき出す馬券のプロたちは、どのような視点で重賞レースにアプローチをしているのか。先週の重賞レースから予想家たちの頭脳を紐解くコラム。 関連サイト:ウマい馬券

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング