スマートフォン版へ

【津村明秀騎手】「勝負ごとに絶対はない」自分と馬を信じて―秋華賞で悲願のGIタイトルを

  • 2019年10月06日(日) 18時02分
GIドキュメント

秋華賞でカレンブーケドールに騎乗する津村明秀騎手の胸の内(C)netkeiba.com


今年でデビュー16年目をむかえた津村明秀騎手(33)。近2年は年間50勝を達成し、関東リーディングのベスト10に名を連ねるなど、存在感を増してきているが、まだGIタイトルには手が届いていない。そんな津村騎手が秋華賞でコンビを組むのは、春のオークスでクビ差2着の接戦を演じたカレンブーケドール。“ラスト一冠”への手応え、初GI制覇への思いなど、直撃インタビューで胸中に迫った。

(取材・文=東京スポーツ・藤井真俊)

オークスは…これまでにないほど直線が長かった(苦笑)


――秋華賞まであと1週間。パートナーのカレンブーケドールとは4月のスイートピーSが初コンビでした。当時から“走る馬”だと感じていましたか?

津村 正直、レース前の追い切りではそこまで感じませんでしたね。素直で乗りやすそうな印象は受けましたが、まだ芯が入っておらず、背腰も弱い。本格化はまだ先なのかなと思いました。

――レースではややゆっくりとゲートを出ましたね。

津村 ちょうど馬が横を向いている時に開いてしまって…。「やっちゃった」と思いました(苦笑)。ただみんなで牽制しあっている感じで、思いのほかペースが緩かったんです。過去のレースぶりから、そこまで切れるタイプではないと感じていたので、向正面から進出して、エンジンがかかったところからは、あえて他の馬を待たずにいきました。

――結果はそのまま押し切って優勝。レース後の印象は?

津村 率直に能力があるな、と。まだ完成途上にも関わらず、着差以上に強かったですから。あとは根性があるなと思いましたね。後ろから他馬が来ても抜かせない感じだったので。

GIドキュメント

能力と根性を感じたスイートピーS(撮影:下野雄規)


――むかえた本番のオークス。今度はスタートが決まりましたね。

津村 はい。ただスイートピーSと違って、あの時は道中のハミの取り方がイマイチで…。3コーナーすぎから早めに押していく形になった時は「キツイかな…」と思いました。

――しかしそこからが見せ場十分でしたね。

津村 はい。いざ点火してからの脚が速くて、

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

ジョッキーや調教師など、毎週“旬”な競馬関係者にインタビュー。netkeiba特派員がジョッキーや調教師、厩舎スタッフなど、いま最も旬な競馬関係者を直撃。ホースマンの勝負師としての信念から、人気ジョッキーのプライベートまで、ここだけで見せてくれる素顔をお届けします!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング