スマートフォン版へ

【エリザベス女王杯】ミスマンマミーア、ベストの2200mで波乱を呼ぶ

  • 2019年11月01日(金) 18時00分
新馬戦勝ちのコードジェニック、カトレア賞へ(1日・矢野・栗東)
 10月21日・東京の新馬戦(ダート1400m)を勝利したコードジェニック(牡2歳、栗東・杉山)はカトレア賞(11月23日・東京)を予定する。「距離は千六になるが、こなしてくれると思う」と杉山師は1F延長を心配していない様子。

リワードアンヴァル奥羽Sは三浦Jとコンビ復活(1日・安川・美浦)
 この夏の函館で1勝クラス、2勝クラスを立て続けに圧勝したリワードアンヴァル(牡3歳、美浦・藤原辰)が来週末の福島競馬、奥羽S(9日)で戦列に復帰する。10月31日に1週前追い切りが行われWコースで、68秒3-40秒2。師は「ウッドチップは時計がかかっているようだけど、1週前としては十分だろう」と順調な仕上がりに満足そうだ。前2走で手綱を取った藤岡佑騎手、武豊騎手の関西の名手が口をそろえて絶賛した素質馬の走りに注目だ。今回は三浦騎手とのコンビに戻る。

JBCスプリント出走のコパノキッキングが直前追い(1日・城谷・栗東)
 JBCスプリント(11月4日・浦和)でGI制覇を狙うコパノキッキング(セン4歳、栗東・村山)が直前追いをCWで消化。5Fからピッチを上げるとスムーズに加速し、

続きはプレミアムコース登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

※プレミアムコース以上の対象サービスです 最大全国3場・36レース分の馬柱を提供する競馬新聞『馬三郎』。インターネット版の『馬三郎』は、全レースの馬柱、予想、調教タイム、厩舎コメント、オッズ、馬体重、パドック速報、レース結果をオンラインならではのリアルタイム更新でお届け。また、レース映像の当日配信、馬券購入機能などインターネット独自の革新的サービスも実現。欲しい機能が瞬時に引き出せる、便利で親切、頼りになる競馬予想のベストパートナーです。

馬三郎の詳しい機能はこちらでご確認ください。 ※リンク先はパソコン向けのページとなっております。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング