スマートフォン版へ

【ジャパンC】豪快さを取り戻したレイデオロ

  • 2019年11月17日(日) 18時00分
中央所属馬のレース1週前調教をレポート。1週前から各馬の状態をチェックしておくことは馬券的中に欠かせません。

ウインテンダネス
 関東遠征後の中2週だが、連日坂路で大きめを乗られている。多少頭が高く集中力を欠くシーンは見られるが、フットワーク自体は軽快。叩いて多少は上向く。

エタリオウ
 ポリトラックで意識的に時計を出す。3頭併せの最内で、横山典騎手のムチにしっかりとこたえて素早く反応。鞍上との息も合っており操縦性も良化した。

カレンブーケドール
 秋3走目でさほど強い攻めは必要ない態勢だが、坂路で攻め動く2頭を追走。しっかりと追われてラスト抜群の加速力を発揮。雰囲気は申し分ない。 

ジナンボー
 ウッドチップの2頭併せ。2歳馬に手応え劣勢で遅れを取ったが、

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング