スマートフォン版へ

競馬場のヤキソバ文化

  • 2019年12月03日(火) 18時00分

かつて賑わっていた頃の名残り、心配される衰退


 ちょっと前のことになるが11月21日、笠松グランプリの取材で笠松競馬場へ。勝ったケイマは強かった。高知に移籍後、これで7連勝。次はいよいよダートグレードへの挑戦となるのかどうか。

 笠松競馬場に行くたびに寂しいなあと思うのが、スタンド裏にズラリと並んでいた食堂街のお店が徐々に閉店していっていること。自販機を置いた休憩所になったところもあるし、シャッターが降りたままのところもある。平成ひと桁のころは、まさに長屋風にずらりと並んだお店には人が溢れていて、そこを歩くだけでワクワクしたものだ。

 いま、正門を入ってオグリキャップ像を左手に見てずんずん奥に進んでいくとまず目に入るのが、2002年にオープンしたカフェ・イル・ファンティーノ。そこを過ぎると昭和の香り漂う食堂街で、今でもやっているのは、美津和家、寿屋、丸金食堂の3店舗。さらに奥に行くとたこ焼きの売店がある。

 地方競馬はここ何年か売上が回復傾向だが、言うまでもなくネットの売上が好調なだけで、競馬場に来るファンは減っている。それでも南関東などのようにある程度の入場者が見込めるところはいいが、地方都市の競馬場ではお店を続けていくのがなかなか難しい。ここ10年ほどで、お店を引き継ぐ人もなく、店主が高齢になって閉店したというところを、いくつもの地方競馬で見てきた。

 地方の競馬場がにぎわっていたころ、競馬場に着いてまず物色するのがヤキソバだった。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング