スマートフォン版へ

【中山金杯】前走から斤量増となる馬を買うべし!

  • 2019年12月28日(土) 18時00分

■中山金杯(G3・中山芝2000m)フルゲート17頭


★3行でわかる!中山金杯 攻略の糸口

1.斤量増となる馬ハンデを「背負う」組が強いレース!
2.人気サイドが意外なほど強い。極端な穴狙いは禁物!
3.内枠と先行勢の強さなど、Cコース替わりの影響が大

データ特注推奨馬
 ★現時点ではなし

 新年一発目の「名物レース」である東西金杯。新年の浮かれた気分でしかもハンデ重賞となると、ついつい「夢馬券」を追いたくなってしまうが、近年の中山金杯は意外に順当決着傾向が強い。ふたケタ人気の超穴馬も来なくはないが、過去10年のトータル[0-1-2-63]で複勝率4.5%、複勝回収値44と、期待値はかなり低め。ハイリターンを狙うにしても、まだ中穴から入るほうがマシだろう。

 予想する上での最重要ファクターといえるのが、今回の特注データにあげた「斤量」だ。ご覧の通り、ハンデ56.5キロ以上を背負う実績馬のほうが明らかに好成績。軽ハンデ馬の激走を期待するよりも、他に強い買い材料のある実績馬を狙ったほうが、ここは間違いなく効率がいい。ハンデ56キロ以下の牡馬は「ヒモ」で狙って、主軸には56.5キロ以上の牡馬を据えるべきだ。

 そして、何よりも優先して狙いたいのが、前走から「斤量増」となる馬である。この条件に該当する馬はけっこう少ないのだが、トータル[9-4-5-10]で連対率46.4%、複勝率64.3%、複勝回収値131という素晴らしい内容。もう、ここだけ買っていれば当たる&儲かるといっても過言ではない。ハンデ56.5キロ以上馬に限れば、信頼度や回収値の高さはさらに向上。人気でも、素直に信頼すべき存在といえるだろう。

 あとは、先行勢の強さや内枠の強さも目立っている。これは、年明けからのA→Cコース替わりの影響が非常に大きいと思われる。今年もAコースの内ラチ沿いはかなり荒れているだけに、馬場バイアスに大きな変化があるはず。メインまでの芝レースの結果をしっかりチェックした上で、金杯の馬券をどう買うか考えるべきだ。


【コース総論】中山芝2000m Cコース使用

・コースの要所!

★1〜3番人気など上位人気の強さが目立つ。。穴なら7〜9番人気が狙い目か。
★内容が優秀なのは外枠である馬番13〜18番。外枠でも積極的に買えるはず。
★想定すべき決着パターンは「差し→先行」。後方に置かれる馬は大幅割引。





 中山金杯の舞台となる中山芝2000mは、年末に行われたホープフルSと同コース。Cコースに替わるが、掲載しているデータ自体はほとんど変化がない。同じ内容を繰り返すことになるので、先週の内容をよく覚えているという方は、すっ飛ばしていただいて何の問題もない。解説も、さらっと流させていただこう。

 中山芝2000mは、いわば「総合力」が問われるコース。それだけに紛れる要素は少なく、キッチリ決まるケースが多い。人気別成績を見ても、人気サイドである1〜3番人気が連対率35.6%、複勝率49.2%と高信頼度で、回収値ベースの数値も優秀だ。そういったコースだけに、極端な穴狙いは推奨しかねる。ふたケタ人気も狙えなくはないが、7〜9番人気を重視するほうが好結果を呼び込めるはずだ。

 枠番は基本的にはフラットで、外枠に入っても問題なし。実際に枠番データでも、外枠である馬番13〜18番が好内容となっている。ただし、年末まで使用されていたAコースはかなり荒れているので、Cコース替わりでこのデータとは大きく異なる結果が出る可能性が高い。例年通りならば、内枠のほうがベターだろう。

 これは、脚質についても同様だ。最速上がり馬が好成績であるように「中団からの差し」がけっこう決まるコースではあるのだが、これも結局は馬場バイアス次第。また、今年の中山金杯は先行勢がけっこう多く、前が流れる展開になる可能性が高いという点も考慮する必要がある。こればっかりは、当日にならないと何ともいえないところである。

【レース総論】中山金杯(G3) 過去10年

・レースの要所!

★1番人気を筆頭に上位人気馬が好成績。イメージよりも順当決着傾向が強い。
★平均人気差は大きいが内枠の強さが目立つ。多頭数の外枠はかなり厳しい。
★ハッキリと先行勢優勢。速い上がりを繰り出しても届かないケースが多い。
★信頼度が高いのは5歳以下馬。前走G1組はアテにならないので、過信は禁物。








 レースの平均配当は、単勝503円、馬連2787円、3連複1万4251円と、ハンデ重賞とは思えない低さ。それもそのはずで、5番人気以内馬がトータル[10-6-7-27]で複勝率46.0%、単勝適正回収値107.0、複勝回収値97と、非常に強い。とはいえ、人気サイドでのガチガチ決着になるケースはほとんどなく、馬券の買い方次第では悪くないリターンも得られるはず。極端な穴狙いだけを避ければオッケイだ。

 次に枠番データ。平均人気の差が大きいので比較が難しい面はあるが、内枠である馬番1〜6番の強さは、それを考慮しても目立っている。勝率13.3%、連対率21.7%という数値は飛び抜けた高さで、単勝適正回収値も131.5と超優秀。Cコース替わりの影響で、かなり「内枠有利」になると考えたほうがいいだろう。

 脚質に関しても同様で、コースデータよりも先行勢の強さが目立っている。それの裏付けとなるのが、最速上がり馬の[1-0-1-9]という低調な成績。上がり2〜3位のほうがハッキリと好成績で、後方からでは間に合わないレースであるのが、これだけで見てとれる。前々で流れに乗れる馬のほうが信頼できるのは間違いなく、差す馬も中団のポジションが取れないと、勝ち負けに持ち込むのは厳しそうだ。

 年齢別では、5歳以下の「若い馬」が好調。6歳以上馬もそれなりに馬券絡みはしているのだが、信頼度はかなり落ちる。ちなみに2019年は、6歳以上馬が16頭中10頭も出走しておきながら、すべて4着以下に。前走から斤量減となるような6歳以上馬は、かなり割り引いて考えたほうがいい。

 前走クラス別成績では、前走G1組のイマイチさが目立っている。相手関係が一気に楽になっていかにも走りそうだが、実際はそれほどでもないので、過信は禁物といえる。ただし「例外」となるのが前走マイルCS組で、なぜかこの組だけは好成績。昨年もウインブライトが、このローテで快勝している。今年このパターンに該当する馬がいるかどうかは不明だが、もし出走してきた場合には注目したい。

 最後に騎手関連データだが、信頼度が高いのはやはり継続騎乗組。鞍上が乗り替わる馬との比較で、信頼度には2倍前後という大きな差がある。また、関東馬と関西馬での成績差はそれほどないが、鞍上に関しては「関西>関東」であることや、ここでも相変わらず外国人騎手が好成績であるというのも、押さえておきたいポイントだ。

【血統総論】


 血統面は、ディープインパクト産駒、ステイゴールド産駒、ルーラーシップ産駒、マンハッタンカフェ産駒をプラス評価の対象とした。もういたってフツーにディープインパクト産駒が強いのだが、内容的にはギャップ値がプラス圏であるステイゴールド産駒や、単勝適正回収値の高さが目立つルーラーシップ産駒も侮れないところ。複勝率の高さで上位と互角に張り合うマンハッタンカフェ産駒も、要チェックといえる。

★出走予定馬 総論×各論

 2020年最初のJRA重賞(そして10分後に京都金杯)だけに、是が非でも獲りたいのが中山の金杯。とはいえ、出走を予定している馬のラインナップはメチャクチャ悩ましい。現時点で出走の意向を把握できている馬で、前走1着なのは福島記念を勝ったクレッシェンドラヴだけ。前走2着馬も、トリオンフとウインイクシードしかいない。フルゲートとなりそうなのはうれしいが、馬券はメチャクチャ難しいと思われる。

 出走数が多いのは、前走「中山・ディセンバーS組」と「阪神・チャレンジC組」と「中京・中日新聞杯組」だが、そのトータルでの信頼度は似たようなモノ。ここに、前走菊花賞組であるザダルや前述のクレッシェンドラヴなどが加わってくる見込みだ。超重要ファクターである「ハンデ」がどうなるのか、そして人気がどうなるのかもサッパリ読めず、現時点で序列をつけるのは無理!というのが正直なところである。

 それでもあえて……と名前を挙げるならば、ハンデが56.5キロ以上だった場合のブレステイキング。明け5歳のディープインパクト産駒で、前走は阪神のチャレンジCで3着に好走。前々で流れに乗れるタイプで、鞍上はM.デムーロを予定と、このレースに向く材料をいくつも備えている。

 前走チャレンジC組では、超久々の一戦でいきなり結果を出したトリオンフも、侮れない1頭だろう。屈腱炎で1年以上という長期休養明けだっただけに、順調であれば上積みはかなり大きいはず。好位勢に展開が向くような組み合わせになれば、さらに期待できそうだ。同じ前走チャレンジC組では、人気を裏切るケースが多いギベオンよりも、こちらのほうに魅力を感じる。

 人気薄での一発を狙うならば、明け4歳馬のマイネルサーパスや、中央の環境にも慣れてきたであろうハッピーグリン(収得賞金による除外や京都金杯に向かうケースもありそう)あたりが面白そうだが、あくまで現時点での話。冒頭の特注データの項目でも解説しているように、「斤量増となる馬」や「ハンデ56.5キロ以上の牡馬」を狙うのが、このレースを的中する&儲けるための最短距離だ。


■総論×各論・先々週の馬券回顧



……なんかすんげえ悔しい(#^ω^)ビキビキ

 有馬記念で「真ん中よりも内」を引き当てた上位評価組は、06リスグラシューだけ! さらに「ウマい馬券」での本命も06リスグラシュー! そりゃあもう、気合いを入れて資金3倍増でガツン!と勝負しますよ。でも、10サートゥルナーリアってあの気性もあって、前予想で上位に推しづらいのよ(悲嘆)。スタート直前まで落ち着いているのを見て、嫌な予感はしてたんだけどさ!単勝にオールインしなかった俺を、時間を巻き戻してしばき倒したい。

※コース&血統データは2015年以降、レースデータは2010年以降が集計対象です。
※ギャップ値(G値)は、当該条件における「平均人気―平均着順」を表すもの。プラスの数字が大きければ大きいほど、優秀な内容となります。

【予想】小林誠の勝負予想は『ウマい馬券』でチェック!

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

競馬業界よろず請負人。1974年三重県生まれ。これまで裏方的な仕事に数多く関わってきたが、さすがに限界を感じて、最近は表舞台への進出を画策中。ライターとして『サラブレ』『UMAJIN』などに寄稿するほか、須田鷹雄監修の『POGの達人』には編集デスクとして参加。2005年に前半3ハロンタイムに特化した予想メソッドを発表し、それを用いた予想をnetkeibaにて公開している。コーヒー党、無類の猫好き。

No.1予想にて関西全レース予想提供中!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング