スマートフォン版へ

朝日杯→シンザン記念のレース間隔

  • 2020年01月07日(火) 12時00分

朝日杯組が弱くなったのはレース間隔が問題!?


 かつてシンザン記念は「前走朝日杯組」が強いレースだった。2001〜2010年の10年間では5頭がこの組からシンザン記念を制し、2着馬2頭・3着馬4頭も出している。それ以前はシーキングザパール、ダンツシリウスなど阪神3歳牝馬S(現阪神JF)組もよく走っていたが、牝馬の波が引いたあとで朝日杯組の牡馬が勢力を増した感じだった。

 ところが朝日杯組からの優勝馬は2013年のエーシントップを最後に出ておらず、2014年以降の朝日杯組は[0-1-2-7]、複回収率55%と平凡な成績となっている。

 これは短い時期にたまたま良い波、悪い波が来ているだけなのか、それともなにか理由があるのだろうか?

 阪神3歳Sが阪神牝馬Sとなったのが1991年なのでその後の年明けである1992年以降のシンザン記念について考えてみよう。その後の朝日杯組はトータルで[8-3-7-45]となっている。

 朝日杯組が弱くなっているとすると、ひとつにはレース間隔の問題が考えられる。以前より2歳GIが1週ずつ繰り下がっており、シンザン記念への間隔がタイトになっているからだ。

 年末年始の変則を挟むのでカウントが難しいのだが、これはありうる仮説だと思う。中3週以上と見なせる年の成績が[6-3-5-21]なのに対し、中3週未満となる年は[2-0-2-24]で明らかに下がっている。

 ただ、レース間隔きつい→良い馬がこのローテを選ばない→グループの成績が下がる、という構図になっている可能性もある。朝日杯の着差が1秒未満の馬だけに限定してみるとどうだろうか?

 その場合でも中3週以上が[5-2-2-9](複勝率50.0%)に対し、中3週未満は[2-0-1-14](複勝率17.6%)と差がある。レース間隔が影響している説はそう間違ってもいなさそうだ。

 だとすると、今年は久々に朝日杯組のチャンス。1月12日の実施は2014年以来の遅さで、朝日杯の12月15日はその世代以来の早さだった。

 その2014年は朝日杯組がウインフルブルーム1頭で、シンザン記念では2番人気2着。ウインフルブルームは朝日杯で5番人気3着だったのでタガノビューティーとプリンスリターンはそれと同格には扱えないが、それでも2頭いればどちらか1頭は連対圏内に……と期待できそうだ。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1970年東京生まれ。競馬評論家、ギャンブル評論家。中学生時代にミスターシービーをきっかけとして競馬に興味を持ち、1990年・大学在学中に「競馬ダントツ読本」(宝島社)でライターとしてデビュー。以来、競馬やギャンブルに関する著述を各種媒体で行うほか、テレビ・ラジオ・イベントの構成・出演も手掛ける。競馬予想に期待値という概念を持ち込み回収率こそが大切という考え方を早くより提唱したほか、ペーバーオーナーゲーム(POG)の専門書をはじめて執筆・プロデュースし、ブームの先駆けとなった。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング