スマートフォン版へ

深刻化する豪の山火事 競馬は中止に、人やたくさんの動物達が犠牲に…

  • 2020年01月09日(木) 18時01分
ブレイキングドーン

▲馬上からみたオーストラリアの初日の出


昨年の8月7日から、オーストラリアで長期武者修行を敢行している富田暁騎手(栗東・木原一良厩舎)。オーストラリアでの年末年始をどう過ごしたのでしょうか? また、日本でも報道されているオーストラリアの山火事について、現地の現状を報告してくれました。

※このコラムは無料でお楽しみいただけます。


微力ですが、少しでも役に立てればと募金を


 netkeibaをご覧の皆さん、明けましておめでとうございます。富田暁です。今年もどうぞよろしくお願いします。

 皆さん、年末年始はどうお過ごしだったでしょうか。オーストラリアでは年末年始も競馬があったので、僕の感覚的には普段と変わらない日々で、すごく変な感じでした。

ブレイキングドーン

▲オーストラリアでも年越しそばを堪能


 2020年最初の騎乗は、フレミントン競馬場。毎日調教で乗っている競馬場ですが、レースに乗るのは初めてだったので、とても興奮しました。

 もっとここで乗りたいというモチベーションが高まりましたし、いつかこの競馬場でメルボルンカップにも乗りたいと強く思いました。

 話は変わりますが、ここ最近のオーストラリアで問題になっているのが山火事です。いろいろな場所で起こっていて、人や動物達がたくさん命を落としています。

 僕が住んでいる地域にも煙が来ていますし、ニュージーランドに滞在中の小崎(綾也)先輩と連絡を取ったところ、なんとニュージーランドにまで煙がいっているようで、本当に大きな火事なのだと感じました。

 最近は、その山火事の影響で競馬が中止になることも多いです。車で出発してから中止の連絡がきたことも何度かあります。

 僕としてはやっぱり競馬に乗りたいので、「また中止か…」なんてガッカリすることもありましたが、まさかこんなにも長引くとは思っていませんでしたし、ましてやたくさんの犠牲が出ていることも知らず…。今は一刻も早くこの状況が収まってほしいと願うばかりです。

 僕にできることはないかもしれませんが、少しでも役に立てればと思い、募金をすることにしました。

 日本でオーストラリアの山火事がどの程度ニュースになっているのかはわかりませんが、この状況を日本の人にも知ってもらえたらと思います。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1996年12月11日、茨城県生まれ。2017年にデビュー(栗東・木原一良厩舎)。同期は木幡育也、武藤雅、横山武史、川又賢治。一度は高校に進学入学するも競馬学校受験を決意。2度目の受験で合格。2018年、仏の若手騎手招待レースにJRA代表で参加。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング