スマートフォン版へ

【日経新春杯】軽い芝がベターな馬たちが人気の中心になる点に注目!!

  • 2020年01月16日(木) 19時00分
 こんにちは、むねひろ よしたかです。

 今年は暖冬と言われています。確かに肌感覚でも、昨年よりもあまり厳しい寒さをまだ感じていません。

 ただ、馬にとっては絞り辛い時季になっているのは確かで、日曜日中山11RポルックスSでは、15頭立てで二桁馬体増の馬が6頭。マイナス体重は1頭だけで増減なしも1頭だけ。実に13頭が増えていました。

 また、ダートが芝よりも多く組まれているのも特徴で、午前中は全てダート戦という日もあります。未勝利戦などは、特に初ダート馬が多く存在します。この一発が驚愕馬券を生むことも珍しくありません。

 確率を上げるのは難しいですが、配当の破壊力はかなりのもの。馬場「穴リスト」の特選穴馬に登場する『ダート替わり注』という表記に注目して下さい。

◆日経新春杯

ターゲット馬→アフリカンゴールド

(c)netkeiba.com

 500万・1000万以下クラスの渥美特別・兵庫特別を連勝して挑んだ菊花賞で『12』着、そしてこの日経新春杯では『15』着と重賞の壁に完膚なきまで跳ね返されてしまい適鞍へ。条件クラスを卒業するまでに5走を要しましたが

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

日本屈指の理論派で、高配当馬券に注目する“競馬穴リスト”。馬場レベルを基本とする『激走レンジ<range>』を駆使するのは既に有名だが、『馬券の買い方』についてもこれまで世になかったメカニズムを発表し、第一人者となる。グリーンチャンネル『KEIBAコンシェルジュ』でも活躍中。主な著書に『同じ予想でプラスになる人、ならない人』など。
公式ホームページ名は『ムネヒロネット』。

ウマい馬券にて『激走レンジ』の予想提供中!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング