スマートフォン版へ

初勝利までもう一歩 ハンメルフェストとニホンピロスクーロの課題と伸びしろ

  • 2020年01月21日(火) 18時03分
太論

▲ハンメルフェストとニホンピロスクーロのについて、レースを振り返るとともに語ってくださいました


今週の『太論』は、ハンメルフェストとニホンピロスクーロのレース回顧です。どちらもデビュー前から期待していた馬ですが、ここまでもう一歩のところで勝利には届かず…。1月2週目のレースを中心に振り返りながら、それぞれに感じる課題と伸びしろを語ってくれました。(取材・文:不破由妃子)

こっちが思う以上に走ってくるかもしれん


──今回はレース回顧です。まずは1月12日の京都1R(3歳未勝利・ダ1900m)のハンメルフェストから。

小牧 あぁ、勝てると思ってたんやけどねぇ(1番人気3着)。今年の初勝利はこの馬かなぁと思って楽しみにしていたんやけど…。最後のもうひと伸びが利かなかったね。ちょっと外枠が響いたかな(8枠15番)。外々を回る展開になってしまったから。

──デビューから5戦、真ん中より外目の枠が多いですよね。

小牧 多いねぇ(苦笑)。ホントはもう少し脚をタメたいんやけど…。

──540キロを超える大型馬で、フットワークも大きいですから、内は内で難しさがあるのでは?

小牧 そうやね。だから極端な内もどうかと思うんやけど、とはいえ最後のひと脚を残しておいたほうがいいんかなぁと思ったり。外だとダラーっとなってしまうからね。

──ダートに替わってからの3戦は、途中から徐々にポジションを上げていく競馬ですが、そのあたりの狙いは?

小牧 本当はね、スッと好位につけられるのが一番いいんやけど、スタートがあんまり速くないから。それに、跳びが大きい馬なんで、上がっていくにしてもジワジワという感じで。まぁゲートはだいぶ出るようになったし、一戦ごとに良くなってるけどね。ゲートを出てからスピードに乗るまでがまだちょっと時間がかかる感じで、そのあたりが課題かな。

──ここ3戦は3着、2着、3着と惜しい競馬が続いていますが、デビューから2戦は、芝でも5着、6着。新馬戦の前に、一度CWで調教にも騎乗されていますが、芝・ダート適性も含め、そのときの感触は?

小牧 芝でもダートでもやれる感じやったけど、切れるタイプではないなぁと思った。となると、現状はダートのほうがいいんじゃないかな。

──新馬戦当時から、「走りそう」と期待していた1頭ですよね。

小牧 うん。走ってくると思う。ただ、上を狙うんやったら、未勝利はすぐに勝たせなアカンね。10月末のデビューから、連闘も含めてけっこう詰めて使ってきたから、この前は疲れもあったかもしれん。一旦放牧に出たので、次こそは何とかしたいね。

──続いては、2着(12月21日・阪神ダ1800m・2歳新馬)、5着(1月13日・京都ダ1800m・3歳未勝利)ときているニホンピロスクーロ。この馬も、デビュー前から期待していた1頭ですよね。

小牧 そうやね。この前は、ジックリ乗ったら2着があったかもしれんけど…。まぁ結果論やけどね。今後のことも考えて、ちょっと行かせました。

──勝ちにいったなと思いました。

小牧 うん。3コーナー時点の手応えを見て、勝った馬(アラジンバローズ)には敵わんかなぁと思ったんやけど、今回は積極的な競馬をさせてみようと思っていたから。そうしたら、ゴールまであと100mというところで止まりました。その感覚から、距離なのかなと思って。だから今、「小倉の1700mを使ってみませんか?」って打診してるんですわ。

──前回のように好位で競馬ができれば、小倉の1700mは合いそうです。

小牧 うん。新馬戦のときも、シューッといい感じで上がっていって、あと50mというところで止まってしまったんでね。思ったよりゲートの出もいいし、スピードがあるから、小倉を使えたら楽しみやね。

──新馬戦の最終追い切りに騎乗されていましたが、そのときもハロー掛け直後とはいえ、馬なりで坂路51秒台が出ていましたものね。

小牧 そうそう。スピードがあるんですわ。まだちょっと緩いけどね。だからこそ、もうちょっとしっかりしてきたら、こっちが思う以上に走るかもしれんわ。

太論

次こそは何とかしたいね。

質問募集
太論 / 小牧太
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1967年9月7日、鹿児島県生まれ。1985年に公営・園田競馬でデビュー。名伯楽・曾和直榮調教師の元で腕を磨き、10度の兵庫リーディングと2度の全国リーディングを獲得。2004年にJRAに移籍。2008年には桜花賞をレジネッタで制し悲願のGI制覇を遂げた。その後もローズキングダムとのコンビで朝日杯FSを制するなど、今や大舞台には欠かせないジョッキーとして活躍中。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング