スマートフォン版へ

【クイーンC】パワーアップしたアカノニジュウイチ、重賞奪取へ!

  • 2020年01月30日(木) 18時00分
マイラプソディは順調(30日・浜口・栗東)
 マイラプソディ(牡3歳、栗東・友道)の調教ピッチが上がってきた。けさは栗東CWでアンコールプリュ(古馬オープン)と併せ馬。追走する形から併入に持ち込み、時計は6F80秒1-12秒0(馬なり)の好タイムを計時。次走に予定している共同通信杯(2月16日・東京)に向けて、順調に調整できている。

ビーチサンバは京都牝馬Sへ(30日・竹村・栗東)
 秋華賞以来、戦線を離脱していたビーチサンバ(牝4歳、栗東・友道)が入厩し、CWで追い切りを消化。単走ながら非常に前向きで躍動感十分の動き。まだ長めから追ったのは1本目だが、さすがと思わせる力強いフットワークだった。次走は京都牝馬S(2月22日・京都)を予定しているとのこと。復帰戦が待ち遠しい。

具合はいいクルーガー(30日・安里・栗東)
 東京新聞杯(2月9日・東京)で復帰するクルーガー(牡8歳、栗東・高野)。「オーストラリアの2戦がともに消耗するレースではなく、さらに調子を上げての帰国だったので、牧場でも順調に乗り込めていました。帰厩後の動きも良く、体調はすごくいいですよ。時計勝負では厳しいですが、ゆったり運べる東京は合うので期待は持っています」と高野師も楽しみにしている。

続きはプレミアムコース登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

※プレミアムコース以上の対象サービスです 最大全国3場・36レース分の馬柱を提供する競馬新聞『馬三郎』。インターネット版の『馬三郎』は、全レースの馬柱、予想、調教タイム、厩舎コメント、オッズ、馬体重、パドック速報、レース結果をオンラインならではのリアルタイム更新でお届け。また、レース映像の当日配信、馬券購入機能などインターネット独自の革新的サービスも実現。欲しい機能が瞬時に引き出せる、便利で親切、頼りになる競馬予想のベストパートナーです。

馬三郎の詳しい機能はこちらでご確認ください。 ※リンク先はパソコン向けのページとなっております。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング