スマートフォン版へ

【根岸S】ここが狙いの馬と、次が本番の馬の本気度の違いに注目!!

  • 2020年01月30日(木) 19時00分
 こんにちは、むねひろ よしたかです。

 今年最初に行われたGI級レースの川崎記念は、チュウワウィザードが力の違いを見せての1.2秒という大差を後続に付ける圧勝劇を演じました。やはり明け5歳勢の層は厚く、明け4歳のクリソベリルとの再戦が楽しみですね。

 そして同日に、南関東に短期免許取得で参戦しているフランスのミカエル・ミシェル騎手が川崎競馬場で地方初勝利を挙げました。

 今週から、関東圏は中山から東京へ舞台を移します。同じ野芝に洋芝をオーバーシードした状態で施行されますが、重い芝から軽い芝に変わります。これにより走る馬のタイプも変わるだけに、しっかりと軽い芝向きの穴馬を狙い撃てます。

 また、小倉は開幕から4日間全てで雨の影響を受けてしまい、まだ一度たりとも「良」となっていません。今週は土曜日こそ雨の影響を引き摺る可能性がありそうですが、日曜日は「良」となりそうですし時計面を測りたいところです。

◆根岸S

ターゲット馬→

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

日本屈指の理論派で、高配当馬券に注目する“競馬穴リスト”。馬場レベルを基本とする『激走レンジ<range>』を駆使するのは既に有名だが、『馬券の買い方』についてもこれまで世になかったメカニズムを発表し、第一人者となる。グリーンチャンネル『KEIBAコンシェルジュ』でも活躍中。主な著書に『同じ予想でプラスになる人、ならない人』など。
公式ホームページ名は『ムネヒロネット』。

ウマい馬券にて『激走レンジ』の予想提供中!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング