スマートフォン版へ

期待を背負って南関東クラシックへ、ブラヴール

  • 2020年03月03日(火) 18時00分

チャームアスリープ最後の産駒


 2月27日に大井競馬場で行われたクラシックトライアル(1800m)を制したのは、船橋・佐藤賢二厩舎のブラヴール。この勝利で、4月29日の羽田盃、6月3日の東京ダービーの優先出走権を獲得した。

クラシックトライアルを制したブラヴール(c)netkeiba.com、撮影:高橋正和


 ブラヴールの血統は、父セレン、母チャームアスリープ。ともに、ブラヴールと同じ佐藤賢二厩舎からデビューし、南関東で活躍した。

 2005年7月にデビューしたチャームアスリープの2歳時はデビュー戦を勝ったのみだったが、3歳になって急成長。浦和の桜花賞、東京プリンセス賞を、ともに1番人気で勝利。そして臨んだのが、この年から統一GIIに格上げされた関東オークス。前年の全日本2歳優駿を制し1番人気に支持されていたJRAのグレイスティアラが直線単独先頭に立って押し切ろうかというところ、ゴール寸前で差し切り、史上初の南関東牝馬三冠達成となった。

 一方、

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング