スマートフォン版へ

カワキタエンカと配合構成がよく似たヴェントボニート

  • 2020年03月11日(水) 12時00分
●ヴェントボニート(牝 栗東・池添学 父ディープインパクト、母シャッセロール)

 母シャッセロールはスピードを武器に芝とダートで計3勝を挙げ、準OPまで出世した。3代母リトルオードリーは報知杯4歳牝馬S(GII・芝1400m)の勝ち馬。

「ディープインパクト×クロフネ」はシャイニングレイ(14年ホープフルS-GII)、カワキタエンカ(17年ローズS-GII、18年中山牝馬S-GIII)、ベストアクター(20年阪急杯-GIII)、ステファノス(14年富士S-GIII)などが出ており、連対率27.4%、1走あたりの賞金額388万円は、ディープインパクト産駒全体の24.2%、335万円を上回っている。

 母方にクロフネとフォーティナイナーを併せ持つディープ産駒なので前述のカワキタエンカと配合構成がよく似ている。芝向きのマイラー。

●パセオ(牡 美浦・加藤征弘 父ロードカナロア、母プリムローズレーン)

 サンレーン(OP/父Oasis Dream)、アレット(3勝クラス/父コマンズ)、サマーセント(3勝クラス/父ハービンジャー)の半弟。母プリムローズレーンは不出走馬だが繁殖牝馬としては優秀で、中央でデビューを果たした3頭は上記のようにすべて3勝以上を挙げている。

 2代母オエノセラはドイツで芝2100mのG3で2着となった。「ロードカナロア×サンデーサイレンス」は年度代表馬アーモンドアイや、スワンS(GII)を勝ったダイアトニックが出ている組み合わせで、連対率26.9%、1走あたりの賞金額446万円は、ロードカナロア産駒全体の22.7%、235万円を上回っている。芝向きのマイラー。

●ブレットゥ(牝 栗東・奥村豊 父ディープブリランテ、母カルナヴァレ)

 母カルナヴァレは1歳セリで100万円(税抜)という安馬ながら、現役時代に芝1200mで1勝を挙げた。Mill Reef 6・4×3が印象的で、ここを活かした配合が好ましいが、本馬の父ディープブリランテはMill Reefと相似な血であるRivermanが入るほか、Akarad、プリメラなどを抱えているので、その条件を満たしている。

 母方にSingspielを持つディープインパクト産駒なのでディーパワンサ(16年阪神JF-GI・4着)にも似ている。芝向きのマイラー。

●ミンナノヒーロー(牡 美浦・斎藤誠 父ゴールドアリュール、母ミンナノアイドル)

 ストリートキャップ(3勝)の全弟。兄はゴールドアリュールの牡馬でありながら芝馬だった。母ミンナノアイドルは1戦0勝。母の父が名馬オグリキャップであることが血統的に目を惹く。血統中にオグリキャップを抱えた活躍馬といえばラインミーティアが代表格で、同馬は2017年にアイビスサマーダッシュ(GIII)を制している。

 そのラインミーティアが18年5月の韋駄天S(OP)に出走したのを最後にオグリキャップを持つサラブレッドはJRAで走っていない。本馬がデビューすれば久々の登場となる。全兄が走っているので信頼性は高い。芝・ダート兼用の中距離タイプ。

●ムッシュパイロ(牡 栗東・野中賢二 父パイロ、母レディミドルトン)

 母レディミドルトンはDevotee(UAEオークス・AW1800m)の半姉で、2代母DanutaはUAEオークスの勝ち馬。半姉レディオブオペラはシルクロードS(GIII)2着のほか芝短距離で5勝を挙げたスプリンターで、レディマクベス、バルトリ(いずれも新馬勝ち)を出して繁殖牝馬としても成功しつつある。

 優れた資質を伝える良牝系だ。本馬の父パイロはダート種牡馬界で確固たる地位を築き、シニスターミニスター、マジェスティックウォリアーなどと並んで日本においてA.P.Indy系のシェアを広める役割を果たしている。ダート向きのマイラーだろう。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

68年生まれ。血統専門誌『週刊競馬通信』の編集長を務めたあと97年からフリー。現在は血統関係を中心に雑誌・ネットで執筆活動を展開中。 関連サイト:栗山求の血統BLOG

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング