スマートフォン版へ

【金鯱賞】全体的に物足りなさを感じた一戦

  • 2020年03月16日(月) 18時00分

相手に競馬をさせないオーラを秘めた人馬なのかもしれない


 単勝130円の圧倒的な支持を受けた4歳サートゥルナーリア(父ロードカナロア)が、順当に抜け出して4歳初戦を飾った。ホープフルS、皐月賞、神戸新聞杯と合わせこれで重賞4勝(うちGI 2勝)となった。

 あまり(というより、残念ながら)盛り上がらなかったのは、ファン不在レースの物足りなさもあるが、ライバルと目された他の4歳馬4頭(2番人気ロードマイウェイ、3番人気ラストドラフト、4番人気ニシノデイジーなど)が見せ場もなく凡走したからだった。

 レース全体の流れは、前後半1000m「63秒6-58秒0」=2分01秒6。午前中の同じ2000mの3歳未勝利戦のスローでさえ、前半1000m通過63秒4だった。

 前後半1000mの差が「5秒6」も生じた金鯱賞は希にみる超スローであり、時期、距離など再三の変遷がある重賞だが、(旧コース、不良馬場も含めて)中京2000mになった1996年以降、1000m通過63秒6は史上もっとも緩いペースだった。スローでも各馬の思惑や、仕掛けどころの駆け引きがあれば見どころ十分だが、今回の見せ場は好位につけたサートゥルナーリアがノーステッキで抜け出した瞬間だけだった。

 サートゥルナーリアは、神戸新聞杯2400mも歴史的なスローペース「63秒4-(26秒8)-56秒6」=2分26秒8を抜け出している。ピタッと好位につけたときの人気のサートゥルナーリア(ルメール)は、相手に競馬をさせないオーラを秘めた人馬なのかもしれない。サートゥルナーリアの次走は、新型コロナウイルス感染症の拡大が関係するので流動的だが、日程の詰まる4月5日の大阪杯ではなく、香港遠征の予定とされる。

重賞レース回顧

サートゥルナーリアの次走は香港遠征の予定(c)netkeiba.com、撮影:高橋正和


「ルメール騎手で追い込んで辛勝の馬は、再検証が必要」という、鋭い見方があった。ルメール騎手はもう日本人化しているのでそうでもないが、たしかに欧州系のムーア、デットーリ、スミヨン…など、勝てる自信(力関係)のある馬なら、馬場の違いはあっても後方一気などという危ないレースはしない。直線が長くても、抜け出したら追い比べで差されない自信もある。勝てる馬なら自分から早めにスパートすることが必勝の騎乗であり、変に控えては、能力を全開できない心配がある。

 ただし、自信の持てない力関係と判断した馬は、逆に、強気に動いては失速が待つ危険が生じる。弥生賞のワーケア(1番人気で必死に2着確保)のあとだけに、妙に説得力があった。ルメールのワーケアはなぜか積極的に勝ちに出なかったと映った。一方、オーソリティは勝ちに出て危ない3着。レース後のルメール騎手は、「仕方がありません。勝った馬が強すぎました」だった。微妙なところを、実にストレートである。

 10着に凡走した2番人気のロードマイウェイ(父ジャスタウェイ)は、スタートでチャカチャカして最初から流れに乗れなかった。爆発的な切れ味を秘める馬ではなくレース上がりが33秒8になっては苦しい。自身の上がりは33秒8。ペースもコースも異なるので比較の対象にはならないが、前回の直線一気も上がり33秒8だった。1勝クラスから5連勝のまま初重賞のチャレンジCを制したが、今回はちょっと相手が強かったかもしれない。ひとつのカベだろう。前回騎乗して、予想外に後方に下げたのはルメール騎手である。

 3番人気のラストドラフト(父ノヴェリスト)は、置かれることなくサートゥルナーリアをマークする位置になったが、勝負どころから「11秒8-11秒2-11秒1→」と、どんどんペースの上がった流れに対応できなかった。自身の上がり33秒5は勝ち馬に次ぐ2番目だが、ロードマイウェイと同様、そう鋭く切れるタイプではなく、そろそろスタミナ系のノヴェリストの良さを引き出したい時期。こんな超スローになったら自分から動いて出るくらいの積極姿勢が欲しかった。

 4番人気の4歳ニシノデイジー(父ハービンジャー)も、使って2戦目の今回の気配は良かったが、スピード系ではない弱みが出るつらい流れになってしまった。きわめて脚の使いどころが難しいタイプで、試行錯誤の期間が長くなってしまったが、まだ4歳の春。田辺騎手とのコンビが続くときに変身があると思える。

 2着した8番人気のサトノソルタス(父ディープインパクト)は、復活の見えた挑戦者らしくサートゥルナーリアの位置取りなどにとらわれず、早めに順位を上げ、自らスパートして出た藤岡康太騎手の積極策が見事だった。5歳馬ながら【2-2-1-3】。

 まだ目立たないが、母から受け継いだ芦毛は途中で途切れたNative Dancerネイティヴダンサーの芦毛ではなく、1936年の英ダービー馬Mahmoudマームードの芦毛(父方祖父サンデーサイレンスには4×5)だった。

 G1 3勝の母アイランドファッション(USA)は2004年の安田記念に遠征し、6歳春にはユートピアの勝ったゴドルフィンマイルにも出走した経歴を持つ非常にタフな牝馬。堀厩舎所属なら、これからまだまだ変わるだろう。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1948年、長野県出身、早稲田大卒。1973年に日刊競馬に入社。UHFテレビ競馬中継解説者時代から、長年に渡って独自のスタンスと多様な角度からレースを推理し、競馬を語り続ける。netkeiba.com、競馬総合チャンネルでは、土曜メインレース展望(金曜18時)、日曜メインレース展望(土曜18時)、重賞レース回顧(月曜18時)の執筆を担当。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング