スマートフォン版へ

【松山弘平×藤岡佑介】前編『デアリングタクトで桜花賞勝利 乗れてる騎手ならではの自信』

  • 2020年05月13日(水) 18時02分
with 佑

▲松山騎手をゲストに迎え、デアリングタクトでの桜花賞を回顧します (C)netkeiba.com


新型コロナウイルス感染拡大防止のため、競馬場やトレセンでの取材規制が今なお続いています。そこで今回はスタッフの同行なし、佑介騎手と松山騎手ふたりきりでの対談を実施しました。今週はデアリングタクトで制した桜花賞を振り返ります。

当日は雨で重馬場。「後ろから届く馬場じゃない」と感じていたと言います。しかし、ゲートが開くと前がゴチャつき気味に。それを目にした松山騎手は、瞬時に戦略を変えます。

その度胸には、「乗れてるジョッキーならではの自信を感じた」と佑介騎手。勝利を勝ち取った松山騎手の心理に迫ります。

(構成=不破由妃子)

※この対談は佑介騎手と松山騎手ふたりだけで、出来るだけ短時間で行いました。


「あの競馬はなかなかできない」プロから見たレースのツボ


佑介 弘平、桜花賞優勝おめでとう!

松山 ありがとうございます。

佑介 注目を集めていただけに、プレッシャーも大きかったんじゃない?

松山 そうですね。周りからも「強い、強い」って言われていたので…。もちろん僕自身も強い馬だと思っていたんですけど、やっぱりプレッシャーはありましたね。

佑介 しかも、こういう本命級の馬でクラシックに出たのは初めてでしょ?

松山 クラシックは初めてです。GIという括りでは、ミッキーアイルやドリームバレンチノで(上位人気を)経験していますけど、あのときも勝てると思って勝てませんでしたから。

佑介 そうだよなぁ。なんか今回のガッツポーズには、これまでのそういう思いが集約されていたのかなって。なんかこう、解放されたような。

松山 そうですね。さっきも言いましたけど、けっこうプレッシャーを感じていたし、そのぶん本当にうれしくて。

佑介 観ていた人は、そういう弘平の思いをみんな感じたと思う。デアリングタクトにはデビュー戦から乗っているけど、最初はそこまで「スゴイ!」っていう感じではなかったよね?

松山 はい。もちろんいい馬だなとは思いましたけど、正直、そこまでではなかったです。

佑介 だよな。周りの評価も、それほどではなかったような。新馬戦からグリグリだったわけでもないし。

松山 実際、調教自体はそんなに動く馬ではなくて、乗り味も「すごくいい!」とかそういう感じではないんですよ。ただ、実戦に行くと、めっちゃ切れる脚を使うという。

佑介 うん、新馬にしてもエルフィンSにしても、勝ちっぷりは際立ってたもんな。2戦目にエルフィンSを使って、そこからぶっつけで桜花賞っていうローテはなかなかないけど、逆にそれがよかったのかなっていう印象もあって。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

質問募集
with 佑 / 藤岡佑介
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ
with 佑とは
JRAジョッキーの藤岡佑介がホスト役となり、騎手仲間や調教師、厩舎スタッフなど、ホースマンの本音に斬り込む対談企画。関係者からの人望も厚い藤岡佑介が、毎月ゲストの素顔や新たな一面をグイグイ引き出し、“ここでしか読めない”深い競馬トークを繰り広げます。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1986年3月17日、滋賀県生まれ。父・健一はJRAの調教師、弟・康太もJRAジョッキーという競馬一家。2004年にデビュー。同期は川田将雅、吉田隼人、津村明秀ら。同年に35勝を挙げJRA賞最多勝利新人騎手を獲得。2005年、アズマサンダースで京都牝馬Sを勝利し重賞初制覇。2013年の長期フランス遠征で、海外初勝利をマーク。2018年には、ケイアイノーテックでNHKマイルCに勝利。GI初制覇を飾った。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング