スマートフォン版へ

【ベストパートナー】ドゥラメンテ後編 裸足で走ったドバイ…ダービー馬を襲ったアクシデント

  • 2020年05月19日(火) 18時02分
「Road to No.1」

▲骨折明けで、約9カ月ぶりの実戦となった中山記念 (撮影:下野雄規)


先週に引き続き、ミルコ騎手が過去に騎乗した名馬を語る「ベストパートナー」。間もなくダービーというタイミングに合わせ、2015年のダービーを制したドゥラメンテを、2週にわたって振り返ります。

皐月賞、ダービーを制し、菊花賞で三冠を…と思っていた矢先、ミルコ騎手のもとに入ってきたのが「放牧先での骨折」という一報。長期休養を経て復帰を果たすも、その後は度重なるアクシデントが…。当時の苦悩、そして種牡馬としての期待を語ります。

(取材・文=森カオル)

※このインタビューは電話取材で実施しました。


すごく残念な思い出…今でもめちゃめちゃ悔しい


──歓喜のダービーから一転、夏を前に放牧先で骨折が判明し、そのまま長期休養へ。その知らせを受けたときは、どんなお気持ちでしたか?

ミルコ すごくショックだった。やっぱり僕はついてないなと思った。菊花賞で三冠を狙いにいくつもりだったのに…(凱旋門賞にも登録していた)。だって菊花賞はスタミナ勝負でしょ? 絶対に勝てると思ってたから。結局、次の年の中山記念までお休みすることになってしまって。

──その中山記念は約9カ月ぶりの実戦で、リアルスティールとの再戦も注目を集めました。

ミルコ 久しぶりだったから、3歳のときとはどう変わったのか、強さはあのままなのか、僕も知りたかったね。だから、あえて強気の乗り方をしました。最後はちょっとだけ馬が苦しがっていたけど。

──着差こそクビ差でしたが、さすがの競馬だったと思います。

ミルコ うん、強さは何も変わっていなかった。クビ差だったけど、すごく自信があったし。骨折のあとはみんな心配するけど、堀先生も「大丈夫、大丈夫」ってずーっと言ってた。その通りでしたね。体も大きくなっていたし、強かった。

──精神的な成長も?

ミルコ 気持ちの面は

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

質問募集
M.デムーロ世界一になる Road to No.1 / ミルコ・デムーロ
このコラムでは、コラムニストに解説してほしいテーマを募集しています。
競馬で気になっている話題を、下記フォームからお寄せください。
質問フォームへ

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1979年1月11日、イタリア生まれ。弟のクリスチャン・デムーロはイタリアのジョッキー。1997年から4年連続でイタリアリーディング。1999年に初来日。2003年、ネオユニヴァースの皐月賞でJRAGI初制覇。続くダービーも制し、外国人ジョッキー初の東京優駿制覇。2015年3月1日付けでJRAジョッキーに。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング