スマートフォン版へ

【ベストパートナー】ロゴタイプ前編 まさかの走りに一同驚愕「ダート馬じゃないの!?」

  • 2020年06月30日(火) 18時02分
「Road to No.1」

▲皐月賞を制したロゴタイプ(撮影:下野雄規)


6月21日の東京12Rでの斜行により、開催2日間の騎乗停止処分を受けたミルコ騎手。今年から処分の発効が1週繰り下げられたことで、今週末がお休みになります。そんな最中ではありますが、今週は過去に騎乗した名馬との思い出を語る「ベストパートナー」をお届け。

今回振り返るのは、2013年の皐月賞をレコードで制したロゴタイプです。2歳時にもレコードをマークしたロゴタイプですが、どうやらミルコ騎手のイメージはまったく違ったようで…。初騎乗から自身最後の騎乗となった香港マイルまで、ロゴタイプとの悲喜こもごもを2週にわたってお届けします!

(取材・文=森カオル)

※このインタビューは電話取材で行いました

「えー! レコード? 嘘でしょー!?」ってなった(笑)


──今回、振り返っていただくベストパートナーは、ミルコ騎手とのコンビで2012年の朝日杯フューチュリティS、2013年の皐月賞を勝ったロゴタイプです。

ミルコ ロゴタイプは、いい思い出がたくさんありますね。初めて乗ったのは東京のマイルで……ベゴニア賞だったっけ?

──そうです。いつも思うんですけど、ミルコ騎手、記憶力半端ない!

ミルコ どの馬も忘れないよ! ベゴニア賞は、確か1枠1番でしたね。スタートから出していって、前で競馬をして、レコードだった(1分33秒6)。でもね、馬がめっちゃ緩くて。いい勝ち方をしてくれましたけど、トモが全然まだまだだったね。だからなのか、あんまり速さを感じなくて、まさかタイムレコードなんて思わなかったよ。それどころか、いい勝ち方をしたのに、ダートの馬っぽいなと思ってた。

──当時、「この馬はダートのほうがいいと思う」ってずっとおっしゃっていた記憶があります。

ミルコ そうそう。ベゴニア賞でゴールしたあと、ダートを通って戻っていくでしょ? そのときね、ダートの走りがめっちゃキレイだったの。で、この馬はダートのほうがいいんじゃないかと思って。(吉田)照哉社長も田中剛先生も言ってましたね。「やっぱダートじゃない? ミルコどう思う?」って。

 

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

  • 1 / 1
質問募集
M.デムーロ世界一になる Road to No.1 / ミルコ・デムーロ
このコラムでは、コラムニストに解説してほしいテーマを募集しています。
競馬で気になっている話題を、下記フォームからお寄せください。
質問フォームへ

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1979年1月11日、イタリア生まれ。弟のクリスチャン・デムーロはイタリアのジョッキー。1997年から4年連続でイタリアリーディング。1999年に初来日。2003年、ネオユニヴァースの皐月賞でJRAGI初制覇。続くダービーも制し、外国人ジョッキー初の東京優駿制覇。2015年3月1日付けでJRAジョッキーに。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング