スマートフォン版へ

【クイーンS予想】ヴィクトリアマイル組をどう評価するか

  • 2020年07月31日(金) 18時00分

展開を利するか、洋芝を利するか


 重賞連勝のフェアリーポルカとヴィクトリアマイル組が人気を集めそうなクイーンS。ヴィクトリアマイル組は当時の着順を考えるともっとオッズがつかないとつまらないようにも思うが、他のメンバー構成を考えると致し方ないところか。

 フェアリーポルカは重賞連勝といっても斤量的には1キロの問題。他馬との重量差ということでは大きなリスクではない。ただ絶対値としての56キロはやってみないと分からない。また脚質的に差し遅れの取りこぼしはありえなくもない。

 スカーレットカラーは重賞2着→ヴィクトリアマイル大敗からの参戦だが、類似パターンでの好走例はけっこうある。負けたレースとはいえ56キロの経験があるのもよい。あとはこの馬も自分で競馬を作るタイプではないので、展開が追い風になってくれるか。

 ビーチサンバは好走したレースが東京や外回り系なのでローカルでコーナー4つの競馬が向くかどうか。ただ1800mそのものは守備範囲だし、能力の絶対値は今回のメンバー中では上位だ。

 コントラチェックは振り返ってみれば勝ったレースは逃げで、オープンでハナを譲ったレースは大敗。ナルハヤとモルフェオルフェの存在が厄介で、後者は譲ってくれるような気もするが、前者が特攻ぎみにきた場合どうするか。逆に、ここでハナを譲ったうえで好走するようだと今後が明るくなる。

 カリビアンゴールドは昨年人気薄3着。基本的に洋芝は良さそうだし、オープン好走歴も十分あるので、上位食い込みも可能かと思う。

 リープフラウミルヒは前走が大敗。2000mがダメで1800mならOKということなら今回は期待できることになるが、福島牝馬Sが人気薄での激走だったのでどこまで信用してよいか。また買う場合も、アタマまで見込むというよりは2、3着前提でよいように思う。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1970年東京生まれ。競馬評論家、ギャンブル評論家。中学生時代にミスターシービーをきっかけとして競馬に興味を持ち、1990年・大学在学中に「競馬ダントツ読本」(宝島社)でライターとしてデビュー。以来、競馬やギャンブルに関する著述を各種媒体で行うほか、テレビ・ラジオ・イベントの構成・出演も手掛ける。競馬予想に期待値という概念を持ち込み回収率こそが大切という考え方を早くより提唱したほか、ペーバーオーナーゲーム(POG)の専門書をはじめて執筆・プロデュースし、ブームの先駆けとなった。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング