スマートフォン版へ

【クイーンS予想】毎年ある程度の必勝パターンがある? 平均値上位の人気薄馬は必須で押さえろ!

  • 2020年08月01日(土) 18時00分
 夏の札幌『クイーンS』は「平均値順が機能する」と書いたこともあるが、どちらかといえば「平均値上位馬が揃って負けることのないレース」といったほうが正しいのかもしれない。

 平均値上位の成功例としては2年前のディアドラが勝った年がある。

 平均値上位の馬たちのシンプルに印を打って◎▲○決着。配当としてはさほどでもなかったがうまく的中できた。平均値トップ馬よりはコース値の高い馬のほうがやや有利ということも学んだ。

 3年前は◎本命馬が沈んでしまったが、それでも平均値上位だった○▲(2&6番人気)2頭でのワンツー決着。一応平均値は機能した。

 昨年は◎本命ミッキーチャームは勝ってくれたが、2・3着を拾えなかったという結末だった。まあある程度◎本命馬は捕まえられるが、相手がけっこう厄介というのが『クイーンS』の印象である。

 で、今年。

 平均値で1位なのは

続きはプレミアムコース登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

No.1予想家の大石川大二郎の重賞予想コラム。昨年までの教訓をもとに、タイム指数を使いながら、週末の重賞で馬券的中を目指します!!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング