スマートフォン版へ

【お父さんへ…】しばらくはイタリアへ帰れないけど「とにかく今は日本で頑張るしかない」

  • 2020年09月15日(火) 18時02分
「Road to No.1」

▲お父様の目の前で日本のGIを勝利、左がミルコ騎手のお父様 (C)netkeiba.com


ミルコ騎手のお父様、元騎手のジョバンニ・デムーロさんが9月6日に亡くなりました。本当ならばすぐにでもイタリアに帰国したいところですが、このような状況もあり残念ながら叶いませんでした。

このコーナーにもミルコ騎手を心配するファンの皆様から、たくさんの励ましのメッセージを頂戴しました。ファンの皆様への御礼も込めて、ミルコ騎手が今の気持ちを語ってくれました。

(取材・文=森カオル)

※このインタビューは電話取材で行いました。

お父さんと一緒に競馬に乗りたくてジョッキーに


 先週の日曜日(6日)に僕のお父さんが亡くなりました。知らせを受けてから1週間以上経つけど、ホントにしんどい…。

 1か月くらい前から入院していて、なかなか体調が戻らないことは知っていました。本当はすぐにでも帰りたかった。でも、状況が状況だけに帰ることはできませんでした。

 イタリアに着いても14日間の自主隔離、日本に帰ってきたら、また14日の自主隔離。それは仕方がないとしても、8月の時点では、イタリアに帰ったらビザがなくなってしまう可能性がありました。だから、日本にいる外国人は、みんな絶対に帰らなかったけど、お父さんのことを思うと本当につらかったな。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

質問募集
M.デムーロ世界一になる Road to No.1 / ミルコ・デムーロ
このコラムでは、コラムニストに解説してほしいテーマを募集しています。
競馬で気になっている話題を、下記フォームからお寄せください。
質問フォームへ

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1979年1月11日、イタリア生まれ。弟のクリスチャン・デムーロはイタリアのジョッキー。1997年から4年連続でイタリアリーディング。1999年に初来日。2003年、ネオユニヴァースの皐月賞でJRAGI初制覇。続くダービーも制し、外国人ジョッキー初の東京優駿制覇。2015年3月1日付けでJRAジョッキーに。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング