スマートフォン版へ

【セントライト記念予想】セントライト記念は、先週同様重い路盤で行われそう

  • 2020年09月15日(火) 18時00分
馬場虎太郎

昨年はリオンリオンが直線内から抜け出し優勝(撮影:下野雄規)


4年連続プラス収支の馬場虎太郎が勝負レース予想をウマい馬券にて公開!殿堂入り予想家としてセントライト記念で渾身の印を打つ!こちらからご覧いただけます

 先週、中山芝では新馬、未勝利戦を除いた12頭立て以上のレースは6レース行われ、3着内に好走した18頭のうち11頭。4番人気以下で3着内に好走した11頭のうち8頭が最初のコーナーを4番手以内で通過していた。「先行馬有利」のトラックバイアス。

 開幕週だった先週の中山芝は土曜が降雨のなかでの開催になった影響もあって、重めの馬場コンディション。日曜は乾いてきていたが、それでも引き続き馬場コンディションは重めのまま。

 昨年同時期の4回開催は開幕週にレコードが出る馬場。2週目のセントライト記念は前日から当日にかけての雨量が非常に多く、JRAの発表では「重」となっていたにもかかわらず、勝ち時計は路盤が改修された2015年以降で最も速い2分11秒5で決着。多少湿っていても走りやすい路盤だった。

 しかし今年の路盤、馬場は昨年とは違う。路盤が湿ると重い馬場となり、差し馬が脚を使うのは難しい馬場になっている。現時点での天気予報は、今週の中山も不安定。土曜から月曜にかけて降雨の可能性は高く、今週も先週同様「重い馬場」を想定する。先に書いたように、今年の中山芝の路盤は重い馬場の場合は先行馬が有利になりやすい。先行馬を狙う。

 バビットの前走ラジオNIKKEI賞はトラックバイアス「内有利・前有利」。内を通った馬と先行が恵まれたレースを最内枠から逃げる形。トラックバイアスに恵まれてはいる。ただし、好メンバーが揃った中で圧勝したことは、トラックバイアスの恩恵を差し引いても評価に値する。

馬場虎太郎

今回も好走が期待できるバビット(写真提供:デイリースポーツ)


 2走前の早苗賞もトラックバイアス「内・前」。内を通った馬と先行が恵まれたレースを内枠から逃げる形。ここもトラックバイアスに恵まれて勝利。2走前よりもクラスが上がった前走でより高いパフォーマンスを発揮できたのは、ペースやコース形態。馬場コンディションに対する適性が大きいだろう。

 2走前は馬場コンディションが「標準」。直線が長いコース、スローペース。

 前走は馬場コンディションが「稍重い」。直線が短いコース、道中が淀みないペース。

 今回は馬場コンディションでは「稍重い〜重い」が想定される直線が短いコース。逃げる形が濃厚なメンバー構成。先週のトラックバイアス通りなら、またまた恵まれて好走できる。

殿堂入り予想家となった馬場虎太郎のセントライト記念の予想はレース当日までにウマい馬券で公開!

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

トラックバイアス(馬場の偏り)を利用した馬券術を用いる馬場分析のプロフェッショナル。JRA発表の馬場状態ではなく独自の指標(※)を用いて真の馬場適性を分析、またパトロールビデオと綿密なデータ分析によって「トラックバイアスの不利」を受けた馬を導き出す。 ※「軽い」「稍軽い」「標準」「稍重い」「重い」の5段階で馬場状態を評価

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング