スマートフォン版へ

【神戸新聞杯予想】2着以下の候補を馬体からジャッジ! コントレイルに続く馬は…?/古澤秀和

  • 2020年09月25日(金) 18時00分

ヴェルトライゼンデはある程度軽い馬場にも対応できそうだ(c)netkeiba.com


 今週は神戸新聞杯。無敗の2冠馬コントレイルをはじめ、ダービー3着のヴェルトライゼンデなどが登場する注目のレースです。

 先週のローズSはリアアメリアの復活劇でしたが、あの競馬が示すように馬場は内の状態が良く、かつ瞬発力が求められます。馬場質は軽めでディープインパクト産駒にピッタリと言えるでしょう。今週からBコースを使用しますが、傾向としてはあまり変わらないと思います。

 となると無敗の2冠馬コントレイルは普通に勝つ可能性が高いです。馬体を見ても相変わらず無駄のないまとまった造り。ディープインパクト産駒は父と違ってあからさまに筋肉質で見栄えのする馬が多いのですが、この馬については無駄のなさとしなやかさがセールスポイントと言えるでしょう。秋初戦でそこまで仕上げてはいませんが、ある程度力が出せればこのメンバーでは負けないでしょう。

 ですので、今回は2着以下の候補について馬体を中心に考えたいと思います。馬場は週中に雨が降りそうですが、週末は晴れ予報なので先週同様軽い良馬場を想定します。

ヴェルトライゼンデ
 元から実の入りが良く皮膚を薄く見せて見栄えのする馬ですが、飛節のバネ感や皮膚の強度など更に増してきた印象。どちらかというとスタミナタイプなので馬場は重い方が良いですが、ある程度軽い馬場にも対応できます。ディープインパクト産駒などに切れ負けする可能性はありますが、能力的にここでは上位で大崩れはないでしょう。

グランデマーレ
 2戦2勝。昨年の葉牡丹賞以来のレースとなりますが、仕上がりが良く肉付きも十分。素質の高さを見せています。蹄が立っているのは微妙ですが、ツナギに柔軟性があり、先行力もあるので今の馬場には合っていそう。骨折明けですが、素質、仕上げ共にここで足りるだけのものは持っていると思います。

ディープボンド
 丸々したトモの多いキズナ産駒にしては斜尻気味ですが、筋肉の実の入りなどは春よりも良くなっています。皮膚を薄く見せてある程度仕上がっていますし、先行力もあるので今の中京の馬場には合っているでしょう。骨が太目なので、ある程度クッションが利く馬場になればより良いでしょう。

マイラプソディ
 春よりも良い意味で筋肉の質が硬くなったと思います。春はまだ質が緩くて、本来のポテンシャルを出せずにいました。あまり軽い馬場は合わないのでここは馬場が鍵になりそうですが、春とは違うレースができると思います。

【総括】

 写真を見られた馬の中ではあまり極端に馬場に合っている馬はいませんが、その他で軽い馬場が合うディープインパクト産駒のファルコニアやレクセランスには注意したいと思います。結論はウマい馬券の直前情報で。


■プロフィール
古澤秀和(ふるさわひでかず)
 2002年に雑誌「競馬王」でデビューしたのを機に、プロ予想家としての活動を開始。中央競馬で全レースのパドック・返し馬を徹底観察。そこから競走馬の能力、適性などに加え脚質も見抜き、馬券を組み立てる。パドック派にありがちな本命予想ではなく、複勝で10倍を超えるような穴馬を見つけるのが得意。

 必ず開催競馬場に足を運び、生の馬を徹底観察。繋(つなぎ)や蹄、体型、骨量、筋肉の量・質、関節の柔軟性や、脚元、馬具などのデータを採取。それを基盤としながら、血統やレースリプレイ、過去データ分析などのファクターを絡めて予想している。

 主に各馬の「適性」を見極めることに注力し、「適性外の条件で惨敗」→「適性条件で巻き返し」というパターンに重点を置いた予想を展開。これにより、複勝10倍を超えるような穴馬も高頻度でピックアップしている。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

高回収率をたたき出す馬券のプロたちは、どのような視点で重賞レースにアプローチをしているのか。ときに冷静に、ときに大胆に直球勝負で攻める予想家たちの熱き見解は必見。 関連サイト:ウマい馬券

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング