スマートフォン版へ

「先週の競馬、そして今週」 ―スプリンターズS注目馬―

  • 2020年10月02日(金) 12時00分

期待が確信になった神戸新聞杯


 先週の神戸新聞杯、強いと分かっていながらも改めてコントレイルの抜けた強さに驚きでした。

 パドックでの姿は、体重こそ変わらないもののトモの膨らみが少し増し、落ち着いた様子で周回。また返し馬においても常歩から速歩、そしてキャンターへと順をおって移行でき、メンタル面においても完璧。

 またレースにおいてもスタート・道中の折り合い・馬群での我慢、そして前があいたら馬ナリで抜けてくるという別格の強さ。

 本当に恐れいりました。

 3冠に向けて楽しみ、いや確信が持てる内容だったのではないでしょうか。

 私も含め、馬券を買う身としては相手探し、もしくは3000mだけにひょっとして高配当を狙える馬がいるのでは?と考えてしまいますが、個人的には2着を狙うとするならば、後ろで死んだふりの競馬に徹する馬。そして負かせるとするならばコントレイルの後ろや周辺では厳しく、前で思いきった走りをする馬な気がしています。しかし…それも厳しいかな…。パパ・ディープインパクトの時みたいな形になるのかな?と、いろいろと想像を膨らませています。

 さて今週末は秋競馬第1弾となる「スプリンターズS」。

 調教の動きやフォトパドックから具合の良さを感じるのはモズスーパーフレア。

 良くない時は硬さがでるタイプですが、今回は柔らかさを感じる筋肉の質と調教でのフットワークを感じます。

 現に生野助手も、「状態はほんとに良いですよ。柔らかみがあります」と、仕上げにおいての不安はいっさいない様子。

 また体重においても、「前回と変わらないくらいになると思います」と話しており、前回のプラス14kgそのままでのパンプアップは理想的。

 また最終追いきりの50.8ですが、数字だけみると速くも思えますが、この馬はやれば50秒を切るタイプ。体重の軽い松若騎手を背に単走でラスト馬ナリ。これは逆にやりすぎないようにとどめており、2019年の高松宮記念を振り返ると、何よりもこの点が好材料と思えます。ただ1点、今の中山は例年よりも時計のかかる馬場ゆえ、その点が少し不安でもありますが、下がゆるくなければ大丈夫とも思えますし何といっても中山巧者。期待します。

 あと気になるのはレッドアンシェル。前走の勝利をきっかけに馬自身の気持ちが前向きになっている印象を受けます。

 それでは皆さん、日曜日はフジテレビ「みんなのKEIBA」でお逢いしましょう。

 ホソジュンでしたぁ。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

愛知県蒲郡市出身。JRA初の女性騎手として96年にデビュー。その後2000年にはシンガポールにて日本人女性初の海外勝利。2001年6月引退。通算成績493戦14勝。海外2勝。 現在はホース・コラボレーターとしてTV、ラジオ出演の他、文芸ポストにおいて短編小説「ストレイチャイルド」発表するなど、幅広い活躍を見せている。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング