スマートフォン版へ

「偉業がかかる中での松山騎手の姿に」 ―パワフルさが増しているコントレイル―

  • 2020年10月23日(金) 12時00分

牡馬も無敗の3冠馬誕生の可能性は高い


 無敗の牝馬3冠の誕生となりましたね。

 しかしながら当日のパドックでは、これまでにないほどのテンションの高さ。

 レース後、管理する杉山調教師も「今までで1番テンションが高く、まずいなと思った」とコメントされていましたが、私もパドック解説時はテンションの高さが心配となりました。桜花賞時、返し馬にいってからのテンションの高さもあったことから、松山騎手の進言によりオークス時からパドック周回は1番最後に。

 今回も1番後ろでの周回を選択していましたが、途中で2人曳きになるなど、オークス時とは比べ物にならないほどのテンションハイに。しかしながら、返し馬では17頭が本馬場にでてから時間をかけて1頭で馬場入り。外ラチに付け、リズムよくキャンターへと移行できており、その点は逆にオークス時よりも冷静な気がしました。

 一方、パドックで良いケハイに感じたリアアメリアですが、こちらはゲートの遅れからリズムを欠いたように…。

 しかも乾いてきたとはいえ、内目の馬場はユルサも。これまでのレースを振り返っても、良馬場&もまれない形など条件が揃わないと持っている能力を発揮できないところに難しさがあるように感じました。

 また3冠ジョッキーとなった松山弘平騎手ですが、冷静な騎乗ぶりもさることながら、この週は土曜日に東京、そして日曜日は京都で11鞍に騎乗。

 こういった偉業がかかる中においても、いつも通りに過ごす姿に、より松山騎手の精神力の強さを感じました。そしてデビュー当初から変わらない、あの可愛らしさは芯の強さあってこその現れなのだとも感じ、人としても見習うべき点が多くあると感じる1日でした。

 さて今週はコントレイルの3冠制覇がかかる菊花賞。

 いつも通りの調整方法できている点に安心感があって魅了されますし、何よりも坂路でのフットワークが春とは違いケッパリと共に飛んでいるような感じに。パワーがついたのだと思います。

 その分、コースでの1週前追い切りでは前の馬を追いかける際の勢いがパワフルなので距離が延びての折り合い面が気になりますが、メチャクチャ掛かっているという感じでもないですし、レースを使う毎に折り合い面もクリアしているので、その点は心配なさそうにも。また前を壁にできる枠にも入りましたし、オトコ馬も無敗の3冠馬誕生の可能性は高いと感じます。

 それでは皆さん、日曜日は菊花賞中継でお逢いしましょう。ホソジュンでしたぁ。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

愛知県蒲郡市出身。JRA初の女性騎手として96年にデビュー。その後2000年にはシンガポールにて日本人女性初の海外勝利。2001年6月引退。通算成績493戦14勝。海外2勝。 現在はホース・コラボレーターとしてTV、ラジオ出演の他、文芸ポストにおいて短編小説「ストレイチャイルド」発表するなど、幅広い活躍を見せている。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング