スマートフォン版へ

【マイルCS予想】サリオス危険で中波乱あり得る一戦で単騎逃げ一発期待のレシステンシアに大注目/倉本匠馬

  • 2020年11月20日(金) 18時00分

レシステンシアの逃げに期待!(c)netkeiba.com


■マイルCS(GI・阪神芝1600m)

逃げ馬候補
レシステンシア
カツジ

展開
若干スローもしくはミドル気味。

《一言コメント》
 典型的な逃げ馬が不在のメンバー構成で、スタート決まれば遅いカツジではなくレシステンシアがハナを取りそう。北村友騎手の乗り方一つでペースが変わるが、やや抑え気味のレースで高速馬場もあってややスローに。基本的には先行馬が有利のレースで、よほど力がないと大外一気は厳しそうで。

各馬の並び
先行
ラウダシオン
アドマイヤマーズ
インディチャンプ
サウンドキアラ

差し
ヴァンドギャルド
サリオス
グランアレグリア
ペルシアンナイト

追い込み
スカーレットカラー
アウィルアウェイ


有力馬解説(A〜Eの5段階評価)
1.グランアレグリア
展開◯ 馬場◯ コース△

 前走のスプリンターズSは馬場や枠などに大きく恵まれる競馬だったものの、外から素晴らしい脚を使っての見事な勝利であった。安田記念で結果を残しているようにこの距離との相性も問題ない上に、ペースがある程度流れるレースもベストである。揉まれる競馬と内が有利の馬場こそ気にはなるが、相手上位には必ず取り上げたい1頭で。

総合評価
C

2.サリオス
展開◯ 馬場△ コース◯

 前走の毎日王冠は相手関係などに恵まれる中での勝利で、今年の3歳勢の力を見てもメンバー揃ったGIでは買いにくい。また、自在性のある競馬は評価できるものの抜けて良い面がないので、勝ち切るまでのパンチ力を感じられない。過剰人気気味のここは評価を落としたいところで、相手の押さえまでが妥当と言える。

総合評価
D

3.インディチャンプ
展開◯ 馬場◯ コース◯

 前走の安田記念は好メンバー相手に大善戦の3着も、やはり強いメンツに勝ち切るまでの迫力は感じられない。ただ、競馬の巧さとノリに乗っている福永騎手騎乗は心強い要素で、2、3着ならば十分に可能性はある。特に内枠を引いた場面では評価を上げたいところで、他馬との兼ね合いを見て最終的なジャッジを下したい。

総合評価
C

4.レシステンシア
展開◯ 馬場◎ コース◯

 前走のNHKマイルCは勝ち馬にこそ屈するレースも、直線の長い東京コースで大健闘と言える2着であった。今回は逃げ馬不在のメンバー構成で、楽に先手を取れそうなここはマイペースに持ち込めば簡単には止まらない。スローまで落とすと切れ負け濃厚なので、理想は乗り慣れた騎手で後ろを見ずに他馬を突き放す競馬となりそうだ。

総合評価
C


狙い目の穴馬
1.サウンドキアラ
展開◯ 馬場◯ コース◯

 前走は内枠が結果としてアダとなる敗戦で、VMの走りならば先行力のある競馬で巻き返しの可能性は高い。理想はロスなく先行するレースで、乗り慣れた松山騎手で相性の悪くない阪神マイルならば縦長で一発の可能性を秘めている。2、3着には必ず取り上げたい馬で、レシステンシアを上手くマークできればあっと言わせそうだ。

総合評価
C

 以上のようにそれぞれ5頭をピックアップした上で、5段階評価で上位の馬をジャッジした。正直言って、グランアレグリアはよほど極端な競馬とならない限りはある程度好走しそうで、馬券に絡んでくる可能性が高い。

 そうなれば、サリオスが馬券の配当を握ることとなるがこちらは危険と見ており馬券外に飛ぶ可能性も十分にあり得る。上記で取り上げた5頭の中でも展開や馬場の適性、距離など見極めるポイントは多いので、その辺りをしっかりと明確にした上でやや力が足りない人気馬の評価を落として美味しい配当をゲットしたいと考えている。

 先週は土曜日の重賞で3連勝に加えて週間回収率が120%超えとそれなりの結果を残せただけに、今週もとにかく自信の◎から三連単の強気な馬券で勝負するつもりなので最終ジャッジに期待して欲しい。



■プロフィール
倉本匠馬(くらもとたくま)
 インターネットメディア(ブログ・Twitter)などで競馬予想家アドマイヤ君として自らの予想術を駆使して、多数の読者・フォロワーを集める。無料・有料メールマガジンでの予想配信も行う。

【経歴】
2013年 マイナビ主催の競馬予想登竜門で優勝し、競馬予想GP公認プロとしてデビュー
2014年 倉本匠馬に改名。重賞レースで年間約140%の回収率をたたき出す
2015年 ほぼ4年に渡り競馬予想GPにて中央競馬予想家2位を継続。(2017年現在も)また、重賞レースで年間116.6%、GIレースでは232%の回収率を計上。
2016年 e-SHINBUNにおいて『fourmarks~新星競馬予想家の多角分析~倉本匠馬produce』の新聞販売開始。

【予想を主としてるファクター】
展開予想
→Vポジションという理論を使い、そのレースの中で最も恵まれるポジションを割り出し、勝ち馬を見つけ出す。

Vポジションとは
『その競馬場のコース形態や距離、当日の馬場状態、メンバーなどを考慮した上で、勝つ可能性が高い位置取りのこと』です。各レースの逃げ馬から最後方までの馬の並びやペースなどを予測し、そこから一番有利に働く馬のポジションを導き出し、勝ち馬を見つけ出す理論。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

高回収率をたたき出す馬券のプロたちは、どのような視点で重賞レースにアプローチをしているのか。ときに冷静に、ときに大胆に直球勝負で攻める予想家たちの熱き見解は必見。 関連サイト:ウマい馬券

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング