スマートフォン版へ

【マイルCS】連覇狙うインディチャンプ “ぶっつけでのGI”に音無調教師の手応えは?

  • 2020年11月20日(金) 18時02分
GIドキュメント

▲連覇がかかるインディチャンプ、指揮官の音無調教師に直撃 (撮影:大恵陽子)


今年のマイルCSはマイルGI馬が8頭も出走する豪華メンバー。中でもインディチャンプは昨年、安田記念とマイルCSを制覇し、JRA賞最優秀短距離馬に輝きました。今年も春はマイラーズCを圧倒的な手応えで完勝。安田記念はグランアレグリアの3着に敗れましたが、レース後に、落鉄していたことが判明しました。

秋初戦に予定されていたスプリンターズSを右トモの筋肉痛のため回避しましたが、連覇のかかるマイルCSに向けて、状態はどうなのでしょうか。また、初めて取り入れられたCWコースでの追い切りの意図とは? 管理する音無秀孝調教師に伺いました。

(取材・構成:大恵陽子)

去年のデキにどこまで近づいているか


――この秋は当初、スプリンターズSから始動予定と発表されていました。初の1200m戦を選んだ理由を教えてください。

音無秀孝調教師(以下、音無師) 馬体がプリプリになってきたので、スプリンターズSをと考えました。お母さん(ウィルパワー)も1400mの馬だったので、インディチャンプも1800mを走るんだったら、1200mの方がいいかなと思ったんです。

――その後、スプリンターズSを右トモの筋肉痛により回避することとなりました。仕切り直してマイルCSに向かうことになりましたが、初めてCWコースでの調教を取り入れていますね。

音無師 2週続けて坂路の馬場が悪かったのでCWコースを使いました。あともう1つの理由は、スプリンターズSに向けて入厩させた後、坂路で15-15をやった時に馬場が悪くて右トモを痛めてしまいました。なので、わざわざ坂路に行くのもどうかと思ったんです。

 1本目の馬なりでの追い切りがCWコースで、福永祐一騎手を乗せてやや一杯に乗ったのもCWコースでした。意図してというより、馬場が悪かったのでコースを選びました。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

有名予想家・ライターによるGIスペシャルコラムや、有力馬密着レポート、1週前からの調教レポートなど、GIレースの攻略情報をどこよりも詳しく、より濃密にお届けします。公開はプレミアムサービス限定となります。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング