スマートフォン版へ

【ユーザー質問】「クリスチャンにとっても会いたい」お正月は日本で過ごします

  • 2020年11月24日(火) 18時02分
「Road to No.1」

▲クリスチャン騎手もコロナ陽性と判明、弟への思いを語ります (C)netkeiba.com


今週は読者の方からいただいた質問にお答えします。日本でもそうですが、ヨーロッパでも新型コロナの感染者が激増。その影響はフランス競馬界にも波及し、スミヨン騎手、メンディザバル騎手に続き、弟のクリスチャン騎手も陽性と判明。短期免許も白紙になってしまいました。「今年の年末年始は日本で過ごす」とミルコ騎手。今の心境を語ります。

(取材・文=森カオル)

※このインタビューは電話取材で行いました。

Q「クリスチャン・デムーロ騎手の凱旋門賞優勝、おめでとうございます。コラムを読んで感動しました。まだご本人とは会えていませんか? お正月はイタリアに帰られる予定ですか?」(たつのり君さん)


ミルコ うん、会えてないです。会いたいね、とっても会いたい。クリスチャンの凱旋門のもお祝いもしたいし、あとはやっぱりお母さんが…。お父さんが9月に亡くなってひとりになってしまったから、とっても心配です。だから、イタリアには帰りたいけど…。コロナがあるから、ちょっとどうだろうね。

──日本もそうですが、ヨーロッパでもまた感染者が激増していますね。

ミルコ そう、すごく増えてるね。この前ね、クリスチャンもコロナの検査をしてポジティヴになっちゃった。

──えっ? そうだったんですか!?

ミルコ そうなの。日本に来たこともある(イオリッツ・)メンディザバルって覚えてる?

──もちろんです。

ミルコ クリスチャンとメンディザバルは、ジョッキールームの席が隣同士なの。で、メンディザバルがポジティヴだったから、そのときは元気だったけど一応検査をしましょうということで検査をしたら、やっぱりクリスチャンもポジティヴで。ローマで騎乗する予定があって、「やっとお母さんに会いに行ける」ってすごく喜んでいたのに乗れなくなってしまった。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

質問募集
Road to No.1 世界一になる / ミルコ・デムーロ
このコラムでは、コラムニストに解説してほしいテーマを募集しています。
競馬で気になっている話題を、下記フォームからお寄せください。
質問フォームへ

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1979年1月11日、イタリア生まれ。弟のクリスチャン・デムーロはイタリアのジョッキー。1997年から4年連続でイタリアリーディング。1999年に初来日。2003年、ネオユニヴァースの皐月賞でJRAGI初制覇。続くダービーも制し、外国人ジョッキー初の東京優駿制覇。2015年3月1日付けでJRAジョッキーに。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング