スマートフォン版へ

【ジャパンカップ】三冠トレーナー緊急zoom対談『“無敗”にこだわることは全然考えていません』/第2回

  • 2020年11月24日(火) 18時02分

15年ぶりの無敗の三冠馬となったコントレイル、史上初の無敗の牝馬三冠馬・デアリングタクト、そして2年前の牝馬三冠馬で芝GI最多勝の8勝を挙げたアーモンドアイが出走を表明しているジャパンC。近年稀にみる超豪華メンバーで、一般メディアでも取り上げられるなど、大きな注目を集めています。

そこで! netkeibaでは矢作芳人調教師(コントレイル・栗東)、杉山晴紀調教師(デアリングタクト・栗東)、国枝栄調教師(アーモンドアイ・美浦)にzoom越しにお集まりいただき、緊急対談を実施。3夜連続掲載の2日目は、管理馬やライバルの「強み」について語り合います。走る馬に共通する点や、「今まで見たことがないくらい」の食欲など、スターホースたちの素顔が見えてきます。

(聞き手:大恵陽子)

※この取材は11月17日に実施しました。
※3日連続掲載の全3回。動画とテキストの両方で公開いたします。

ライバルながら「あっぱれ!」なところ


――今年は新型コロナウイルスの影響で競馬ファンもなかなか競馬場に行けないもどかしさがあって、この対決は嬉しいと思います。一方で、それぞれに懸ける勲章があります。少なくともコントレイルとデアリングタクト、どちらかは無敗でなくなりますが、それでも参戦を決めた葛藤があれば教えてください。

矢作調教師(以下、矢作師) いや、意外となかったですね。弱い相手とやって勝ち続けても意味がないですから。やはり、コントレイルっていう馬の評価を上げるためにはさらに強い相手とやりたいっていう思いの方が強かったです。

杉山調教師(以下、杉山師) 矢作先生と同じで、無敗にこだわることはオーナーサイドも全然考えていません。私自身も無敗を続けるためのレース選択ではなく、あくまでデアリングタクトが全能力を発揮できる舞台がどこか、そこを一番に考えています。

――アーモンドアイの場合は引退レースで、大きな意味をもつレースになります。

国枝調教師(以下、国枝師) 若い世代のトップホースと一緒に走るっていうのは当然必要ですけど、アーモンドアイはここだけではなく引退してからの仕事もありますからね。

 今まで成績を残したのもある程度いい状況でチャレンジできたっていうのがあるので、このレースに関してもアーモンドアイがまずはいい状況で、それでいい競馬をしてほしいなと思っています。そこが一番ですね。

――強力なメンバーが揃いましたが、ライバルに対して「あっぱれ!」と感じる点は?

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

有名予想家・ライターによるGIスペシャルコラムや、有力馬密着レポート、1週前からの調教レポートなど、GIレースの攻略情報をどこよりも詳しく、より濃密にお届けします。公開はプレミアムサービス限定となります。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング