スマートフォン版へ

人馬共に見事すぎるアーモンドアイ

  • 2020年12月04日(金) 12時00分

スーパーホース・クリソベリルは…


 アーモンドアイのラストランとなった先週のジャパンカップ。

 皆さんはレース後、どのような思いを抱かれましたか?

 当日私は東京競馬場のパドックブースでアーモンドアイを見ていたのですが、心配した中3週も、(私、間隔詰まってのレースは安田記念で経験しておりますので大丈夫です)といっているかのような堂々としたケハイ。

 しかも体においても、前走時よりも肌が薄くなり重たさもなく毛ヅヤアップ。

 また返し馬においては元気&集中力のある走り。レースにおいては好スタートを切って絶好のポジションでルメール騎手との見事な折り合い。そしてテクニシャンと思えたのが4コーナーでの出し方。何1つ無理のない形でアーモンドアイをエスコート。本当に巧すぎました。

 また敗れはしましたが、改めてポテンシャルの高さを感じたのがコントレイル。

 返し馬では正直硬さを感じ、良い状態とは思えませんでした。もちろん客観的な目線ゆえ、それが間違っているかもしれませんが、何度見返しても…。ですからあの状況での2着の走りには能力の高さをより感じました。

 同じく3冠馬のデアリングタクトですが、こちらは夜にグリーンチャンネルの番組で杉山調教師と電話を繋いでの回顧をさせてもらったのですが、あの最後に内にモタれた点やペースと距離の点など、様々な角度から分析され、次に向けての調整においても語られていました。そんな師の理路整然とお話される姿と、1つのレースを深い視点で振り返り考える在り方に、今後さらに杉山厩舎の勢いは拡大していくようにも感じました。

 さぁ今週は中京で行われるチャンピオンズC。

 中心は何と言ってもクリソベリルでしょう。

 前走後、担当の濱田助手でさえも、「強いよね〜。こんなスーパーホースを担当させてもらっているなんて…」と、自分の担当馬なのにどこかファン目線(笑)。

 しかも前走時においても、まだトモの状態に関しては成長の余地を残している中で。

 また馬込みや斤量・古馬相手など、全てにおいて涼しい顔でクリアをしてきたクリソベリル。唯一負けたサウジでは体重が減ってしまい、なおかつ次のドバイが最大目標という中でしたから敗因もハッキリ。

 今回ですが、1週前追いきりでJBCの方が体を使えていた印象を受けたことにより、初めて2週続けてジョッキーが跨っての仕上げとなっています。負荷という意味で、この点が気になるポイントではありますが、ポテンシャルはずば抜けていますし、枠に関しても、「内よりも外が良かった」と濱田助手。ゲートと二の脚、そして地方で走ってきたことを考えると大型馬ながらも器用さのあるタイプ。この枠の方が、自分の形に持ち込みやすい気もします。

 それでは皆さん、週末は競馬中継でお逢いしましょう。ホソジュンでしたぁ。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

愛知県蒲郡市出身。JRA初の女性騎手として96年にデビュー。その後2000年にはシンガポールにて日本人女性初の海外勝利。2001年6月引退。通算成績493戦14勝。海外2勝。 現在はホース・コラボレーターとしてTV、ラジオ出演の他、文芸ポストにおいて短編小説「ストレイチャイルド」発表するなど、幅広い活躍を見せている。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング