スマートフォン版へ

「先週の競馬、そして今週」 ―ソダシ、今後の可能性―

  • 2020年12月18日(金) 12時00分

レッドベルオーブは当日のテンションが重要


 今年は記録の年ですね。

 先週の阪神JFでは、白毛馬が初のGI制覇に。

 それにしてもソダシ騎乗の吉田隼人騎手は実に冷静な騎乗振りでしたし、馬自身も勝負根性強さを発揮しての内容。

 本当にお見事でした。

 前走後からゲート裏でのテンションが高くなったこともあり、レースにおいてメンコを付けるかどうかギリギリまで迷っていた様子。

 金曜日の時点では今まで通りにいこうと判断したものの、最後の最後でメンコをつけることに。

「それもあって反応がいつもと少し違うところがあったみたい」と北村助手。

 ママのブチコのことや、今回のゲート入りの様子を見ると、今後難しさが出てきてもおかしくない可能性も孕んでいるように思え、繊細な2歳牝馬ゆえの陣営のギリギリの選択が舞台裏では行われていたことに納得すると同時に、このあたりの細かな配慮が、さすがゴールドシップを手掛けた今浪厩務員&北村助手コンビだなぁと思えました。

 ソダシの今後ですが、パワフルさや完成度の高さから将来的にはダートでの活躍も考えられるだけに、ひょっとすると白毛馬の芝&ダートGI制覇も夢でない気がしています。

 さぁ今週末は2歳牡馬の戦い・朝日杯FSですが、実に難解です。

 時計的な面からレッドベルオーブが強いとは思いますが、レース毎に折り合い面での難しさがでており、そこが心配にも。

 とは言えそれで勝利をしている点と、2週に渡る併せ馬での追いきりでは我慢がきいているようにも…。となるとあとは、当日のテンションと特に返し馬での様子が重要だと感じます。

 また人気を分け合うステラヴェローチェですが、前走においてはキャリア2戦目とは思えない内容で、しかもフワフワとしていたデビュー戦とはまるで違う競馬。最後も真っすぐに走れており、2歳離れした体幹を感じました。良馬場での経験がないだけに、時計的な面での心配はありますが、前回の走りを見ると魅了される1頭。

 他にも今の阪神の馬場があいそうな馬や、人気薄の中にも調教の動きが抜群な馬も存在し、枠も考慮しながら、もう少し悩み馬券を決めようと思います。

 それでは皆さん、週末は競馬中継でお逢いしましょう。ホソジュンでしたぁ。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

愛知県蒲郡市出身。JRA初の女性騎手として96年にデビュー。その後2000年にはシンガポールにて日本人女性初の海外勝利。2001年6月引退。通算成績493戦14勝。海外2勝。 現在はホース・コラボレーターとしてTV、ラジオ出演の他、文芸ポストにおいて短編小説「ストレイチャイルド」発表するなど、幅広い活躍を見せている。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング