スマートフォン版へ

【ユーザー質問】「サートゥルナーリアの話はちょっと長くなりますね」――同馬の引退に寄せて

  • 2021年01月22日(金) 18時01分
「Road to No.1」

▲電撃引退が発表されたサートゥルナーリア、今だから語れる思い (C)netkeiba.com


今月15日に所属するキャロットクラブのホームページで発表された、サートゥルナーリアの電撃引退。ミルコ騎手が大好きなシーザリオの子で、これまた大好きなリオンディーズの弟。そんなサートゥルナーリアに乗れることが決まったときは、本当にうれしかったと言います。

ミルコ騎手は2歳時の3戦(新馬戦、萩S、ホープフルS)の手綱をとり、全勝。クラシックからはルメール騎手に手が変わりましたが、またいつかコンビを組める日を待ち望んでいたミルコ騎手。引退に寄せて、思いを明かします。

(取材・構成=森カオル)

※本コラムは19日の公開予定でしたが、都合により本日の掲載とさせていただきます。

Q「サートゥルナーリアが引退しました。私のなかでは、ミルコ騎手が乗っていた頃が一番強かった印象があります。ミルコ騎手が感じた強さなど、改めて思い出などを聞かせていただけたらうれしいです」(ナチュラリーさん)


ミルコ サートゥルナーリアについては、ちょっと話が長くなりますね。なにしろ大好きなリオンディーズの(半)弟だからね。

 リオンディーズでは、朝日杯フューチュリティS(2015年)を勝つことができたけど、皐月賞では今までで一番と言えるくらい悪い乗り方をして、降着になってしまいました(4位入線も5着に降着)。ダービーは5着だったけど、直線ですごく頑張ってくれたので楽しみにしていたら、秋になって屈腱炎になってしまって…。

「Road to No.1」

▲朝日杯FS優勝時のリオンディーズとミルコ騎手 (C)netkeiba.com


──結局、そのまま引退に。

ミルコ そうです。本当に本当に残念だった。僕はもともとシーザリオが好きで、「一度乗ってみたい!」とずーっと思っていたから、その子供のリオンディーズに乗れるとわかったときはすごくうれしかった。

 しかも、何度も何度も言っているけど、今まで乗った馬のなかで一番のイケメンだったし。だから、引退してしまったのがすごく悲しくて、すごくショックで。それもあったから、2年後に弟のサートゥルナーリアに乗れることになっただけでも本当にうれしかったです。

──初めて乗ったときの感触は覚えていますか?

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

質問募集
M.デムーロ世界一になる Road to No.1 / ミルコ・デムーロ
このコラムでは、コラムニストに解説してほしいテーマを募集しています。
競馬で気になっている話題を、下記フォームからお寄せください。
質問フォームへ

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1979年1月11日、イタリア生まれ。弟のクリスチャン・デムーロはイタリアのジョッキー。1997年から4年連続でイタリアリーディング。1999年に初来日。2003年、ネオユニヴァースの皐月賞でJRAGI初制覇。続くダービーも制し、外国人ジョッキー初の東京優駿制覇。2015年3月1日付けでJRAジョッキーに。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング