スマートフォン版へ

東京新聞杯は馬齢や実績が明暗を分けそう

  • 2021年02月06日(土) 19時00分
 前回1月31日のWIN5は111万5940円の配当で決着。3レース目の巌流島S(小倉11R)を単勝オッズ40.5倍(8番人気)のメイショウカリンが勝ったものの、5レース目の根岸S(東京11R)を単勝オッズ2.5倍(1番人気)のレッドルゼルが制すなど、他の4レースは比較的順当な結果となりました。

 今年に入ってから発売された計6回のWIN5を振り返ってみると、関東圏(東京・中山)の第11競走は、今のところ6レース中5レースで単勝1番人気馬が優勝を果たしています。1月11日のフェアリーS(中山11R)を勝ったのも単勝オッズ5.5倍(3番人気)のファインルージュでしたし、堅い決着が続いていると言って良いでしょう。予想に反映させるような類の“傾向”ではありませんが、私はこういった流れが何となく気になってしまうタイプです。

 明日2月7日のWIN5は総出走頭数が63頭、総組み合わせ数が27万8784通り(土曜12時現在)。総組み合わせ数はかなり少ない部類で、高額配当が飛び出す可能性は低いと見ておくべきかもしれません。

【2021年02月07日発売分の1点予想】

中京10R 3.リリーバレロ
東京10R 11.グレートウォリアー
小倉11R 8.パンサラッサ
中京11R 3.ヨーホーレイク
東京11R 13.ヴァンドギャルド

【1レース目 トリトンS(中京10R)】

 今年の1回中京芝1600m、かつ新馬・牝馬限定を除くレース(2月6日終了時点)は、馬格のない馬が不振。「前走の馬体重が460kg未満だった馬」は[1-1-1-46]と苦戦していました。カレングロリアーレらは評価を下げるべきでしょう。

 ウインレフィナード・ナンヨープランタン・ノーブルカリナン・オールザゴーあたりも侮れませんが、やはり注目はリリーバレロ。このメンバー構成ならスムーズにレースを進められると思います。

【2レース目 白嶺S(東京10R)】

 臨戦過程に注目したい一戦。「前走との間隔が中3週以内だった馬」は2014年以降[3-1-0-40]と、あまり信頼できません。サンダーブリッツらは割り引きが必要です。

 チャンスがありそうなのはシェパードボーイ・メダリオンモチーフ・オーバーディリバー・グレートウォリアー・グローリーグローリあたり。実績上位のグレートウォリアーは素直に信頼して良いんじゃないでしょうか。

【3レース目 関門橋S(小倉11R)】

 今年の1回小倉芝2000m、かつ4歳以上のレース(2月6日終了時点)は、基本的に先行有利。「前走の4コーナー通過順が6番手以下だった馬」は[0-0-2-23]でした。もともと先行力が高いコスモカレンドゥラのような馬はともかく、ツーエムアロンソ・マンオブスピリットらは扱いに注意すべきだと思います。

 単純に前走で先行しているのはワールドウインズ・パンサラッサ・ナルハヤあたり。波乱の目もありそうですが、まずはパンサラッサを押さえたいところです。

【4レース目 きさらぎ賞(中京11R)】

 直近のパフォーマンスが最大のポイント。「前走の着順が4着以下、かつ前走のレースが朝日杯フューチュリティステークス以外だった馬」は2014年以降[0-0-0-16]、「前走の上がり3ハロンタイム順位が3位以下、かつ前走のコースが芝1600m以下のコース以外だった馬」は2014年以降[0-0-0-13]と、まったく上位に食い込めていません。ラーゴムらは過信禁物と見るべきでしょう。

 これらの傾向から強調できるのはジャンカルド・ヨーホーレイク・ダノンジェネラル・ショウナンアレス・ドゥラモンドあたり。このメンバー構成なら、ヨーホーレイクを無理に嫌う必要はないと思います。

【5レース目 東京新聞杯(東京11R)】

 高齢馬は評価を下げた方が良さそう。「馬齢が6歳以上の馬」は2017年以降[0-0-0-24]なので、ダイワキャグニー・サトノアーサーらは割り引きが必要です。

 また、近年は多頭数の重賞を経由してきた馬が中心。「前走の条件が重賞以外、もしくは前走の出走頭数が15頭以下だった馬」は2017年以降[1-2-0-28]と安定感を欠いていました。

 なお「“前年以降、かつJRA、かつGIのレース”において7着以内となった経験がない、かつ馬番が7〜18番の馬」は2017年以降[0-0-1-24]。前年のビッグレースで善戦していた馬か、内寄りの枠に入った馬を重視すべきでしょう。

 今年はロードマイウェイ・シャドウディーヴァ・ヴァンドギャルド・サトノインプレッサあたりが有力。近走の充実ぶりを考えると、ヴァンドギャルドには逆らえません。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

競馬評論家。JRAの公式ホームページ内「今週の注目レース」にて“データ分析”のコーナーを、TCK(東京シティ競馬)の公式ホームページ内「分析レポート」にて重賞競走のデータ分析を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラム、『週刊アサヒ芸能』、『競馬王』などさまざまなメディアを舞台に活動している。主な著作に『WIN5攻略全書 回収率150%超!“ミスターWIN5”のマインドセット』、『コース別 本当に儲かる騎手大全』シリーズ、『コース別 本当に儲かる血統大全』シリーズ、『ウルトラ回収率』シリーズ(いずれもガイドワークス)など。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング