スマートフォン版へ

京都記念はキャリアや臨戦過程に注意したい

  • 2021年02月13日(土) 19時00分
 前回2月7日のWIN5は188万5200円の配当で決着。優勝馬5頭はいずれも単勝5番人気以内の馬でしたが、単勝1番人気の支持を集めた5頭がすべて敗れたこともあり、やや高めの払戻金となりました。

 5レース目の東京新聞杯(東京11R)を制したのは、単勝オッズ11.6倍(5番人気)だったカラテ。鞍上の菅原明良騎手は、今年の1月10日にもカラテとのタッグで若潮Sを勝っています。2020年までのWIN5対象レースは37戦して1勝どまりだったものの、2021年は現在のところ4戦2勝。今後はWIN5の対象となるような上級条件のレースでも見逃せない存在になりそうです。

 なお、2021年のWIN5対象レースにおける騎手別成績を見ると、菅原明良騎手と同じデビュー3年目の斎藤新騎手も既に2勝をマーク。他に複数回の優勝例があるジョッキーは6名だけですから、若手の健闘が目立っていると言って良いでしょう。上級条件のレースはどうしてもトップジョッキーやベテラン勢に注目してしまいがちですが、有望な若手の台頭を見逃さないよう、たびたびイメージをアップデートしておかなければなりません。

 明日2月14日のWIN5は総出走頭数が72頭、総組み合わせ数が57万240通り(土曜12時現在)。1〜3レース目がいずれも15頭立て以上、終盤の2重賞が12頭立て以下という、メリハリのある構成になりました。

【2021年02月14日発売分の1点予想】

阪神10R 5.ライトウォーリア
東京10R 9.タガノビューティー
小倉11R 9.スギノヴォルケーノ
阪神11R 4.ラヴズオンリーユー
東京11R 3.ステラヴェローチェ

【1レース目 加古川S(阪神10R)】

 昨年の1〜2回阪神ダ1800m、かつ4歳以上のレースは、内外極端な枠に入った馬が不振。「馬番が1番の馬」は[0-1-0-18]、「馬番が12〜16番の馬」は[3-1-0-27]と、それぞれ安定感を欠いています。ソルトイブキ・リネンファッションらは割り引きが必要です。

 クリノフラッシュ・アルコレーヌ・ジェミニズあたりも侮れませんが、やはり注目はライトウォーリア。これといった不安要素が見当たりません。

【2レース目 バレンタインS(東京10R)】

 臨戦過程に注目したい一戦。「前走のコースがダ1400m以下のコース以外だった馬」は2017年以降[0-0-0-16]でした。

 また「父にミスタープロスペクター系種牡馬を持つ馬」も2017年以降[0-2-0-18]と優勝例なし。スパーダらは評価を下げるべきでしょう。

 チャンスがありそうなのはテーオーターゲット・スリーグランド・タガノビューティー・ヴァニラアイス・ニューモニュメントあたり。ここ2戦が好内容だったタガノビューティーは素直に信頼して良いと思います。

【3レース目 北九州短距離S(小倉11R)】

 ほぼ同じ条件で施行された2020年の北九州短距離Sは、5歳以下の馬が1〜5着を占める結果に。アンヴァル・ラヴィングアンサーなどの高齢馬は過信禁物です。

 狙ってみたいのはレジェーロ・グルーヴィット・スギノヴォルケーノ・サンノゼテソーロあたり。この中では前走が好内容だったスギノヴォルケーノに魅力を感じるものの、無理に絞らない方が良いかもしれません。

【4レース目 京都記念(阪神11R)】

 基本的には実績馬が優勢。「“前年以降、かつJRA、かつGI・GIIのレース”において2着以内となった経験のない馬」は2016年以降[0-0-0-30]と苦戦していました。もっとも、今年はこの条件をクリアしている馬が少ないので、やや大目に見ても良いんじゃないでしょうか。

 あとはキャリアや臨戦過程もポイント。「出走頭数が18戦以上の馬」は2016年以降[0-1-0-31]、「前走との間隔が中5週以内、かつ“JRA、かつGI・GII、かつ2200mのレース”において1着となった経験のない馬」は2016年以降[0-0-0-26]ですから、ステイフーリッシュ・モズベッロらは扱いに注意すべきだと思います。

 面白そうなのはラヴズオンリーユー・ワグネリアン・ジナンボー・サトノルークスあたり。コース替わりがプラスに働きそうなラヴズオンリーユーはしっかり押さえておきたいところです。

【5レース目 共同通信杯(東京11R)】

 ローカル場のレース、ダートのレース、少頭数のレースを主戦場としてきた馬は不振。「“中央場所、かつ芝、かつ出走頭数が9頭以上のレース”において3着以内となった経験のない馬」は2014年以降[0-0-0-18]と上位に食い込めていません。

 さらに「前走の着順が5着以下だった馬」も2014年以降[0-1-1-26]。大敗直後の馬は期待を裏切りがちでした。

 今年はディオスバリエンテ・キングストンボーイ・ステラヴェローチェ・レフトゥバーズ・ヴィクティファルス・シャフリヤールあたりが有力。もっとも、単勝で保険を掛けることも可能な5レース目ですし、実績上位のステラヴェローチェに絞るのもひとつの手でしょう。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

競馬評論家。JRAの公式ホームページ内「今週の注目レース」にて“データ分析”のコーナーを、TCK(東京シティ競馬)の公式ホームページ内「分析レポート」にて重賞競走のデータ分析を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラム、『週刊アサヒ芸能』、『競馬王』などさまざまなメディアを舞台に活動している。主な著作に『WIN5攻略全書 回収率150%超!“ミスターWIN5”のマインドセット』、『コース別 本当に儲かる騎手大全』シリーズ、『コース別 本当に儲かる血統大全』シリーズ、『ウルトラ回収率』シリーズ(いずれもガイドワークス)など。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング