スマートフォン版へ

【フェブラリーS予想】一にも二にも“絶対的な能力”が問われる中央ダートGIフェブラリーS

  • 2021年02月17日(水) 18時00分

大波乱となった7年前16番人気1着コパノリッキーや昨年16番人気2着ケイティブレイブも、実際には能力最上位馬が力通りに走っただけの“順当決着”



 まず中央ダートGIレースについて、(他のレースと比較して)何よりも馬の絶対的な能力が問われてくるレースであり、よって強い馬が順当に好走しやすいレースだと言えます。

 その主な背景としては中央ダートGIレースの性格と、ダートレースの性質の二点が指摘できます。

 前者について、芝とダートでは一口に中央GIレースと言っても、その位置付けには多少の違いがあります。中央GIレースが多数施行される芝では、そこに対する有力各馬の本気度はマチマチだったりします。それに対して春秋一つしか施行されない中央ダートGIレースは正に頂上決戦の様相で、

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

ライブドア競馬ブログアクセスランキングで1万ブログ中1位に輝いた実績もある人気ブロガー。独自レースレベル判定にもとづき、世間で過小評価されている“妙味馬”を見つけることに定評あり。すべてのレースの映像をチェックし、配当妙味のある馬を狙うという予想スタイル。各馬固有(厩舎や騎手など人も含む)のプロファイリングポイントに基づいた、激走タイミングにある狙い馬を発掘。馬券に役立つ情報を提供していきます。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング