スマートフォン版へ

【チューリップ賞】ウインバリアシオンの夢を背負って…輝け!バリコノユメ

  • 2021年02月28日(日) 18時02分
馬ラエティBOX

ウインバリアシオン産駒の牝馬、バリコノユメ(C)netkeiba.com


現役時代、オルフェーヴルの2着だったGIは3回。GIタイトルにあと一歩手が届かなかったウインバリアシオンですが、引退後は青森県で種牡馬入りを果たしました。そして、父から名前を取って「バリコノユメ」と名付けられた牝馬が3月6日、チューリップ賞に出走を予定しています。ダートの新馬戦を勝った時、オーナーは涙を流し、初芝の前走では鋭い末脚に松永昌博調教師は可能性を感じたといいます。父娘を管理する師に話を伺いました。

(取材・構成:大恵陽子)

※このインタビューは電話取材で行いました。

初追い切りで印象が一変!


――ウインバリアシオン産駒のバリコノユメを初めて見たのはいつ頃ですか?

松永昌博調教師(以下、松永師) 馬主さんが庭先で買われた馬で、育成場で初めて見ました。

――大田恭充オーナーは同じウインバリアシオン産駒のドスハーツ(2勝)も所有されていますね。ウインバリアシオン産駒ということで松永調教師へ?

松永師 そうそう。バリアシオンが好きみたいでね。

馬ラエティBOX

父ウインバリアシオンも管理していた松永昌博調教師(C)netkeiba.com


――松永調教師にとっても思い入れのある血統でしょうから、育成場で見た時というのは?

松永師 そんなにパッとした馬ではなかったです(笑)。

――あら、意外とそんな感じだったんですね。では、入厩してからの雰囲気というのも…

松永師 まぁ、普通の馬やな〜って感じでした。ただ、いっぺん追い切りをしたら、良かったんですよ。「うわ!

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

netkeiba豪華ライター陣がお届けするエンタメコーナー。今まで味わったことのない競馬の面白さを体感してください!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング