スマートフォン版へ

【わたしの履歴書】西谷凜騎手「僕が新人賞で、父が障害リーディング! 二人でJRA賞を獲りたい」――新人紹介

  • 2021年04月05日(月) 18時01分
馬ラエティBOX

▲西谷凜騎手、父は障害レースで活躍を続ける西谷誠騎手 (撮影:山中博喜)


今年デビューの新人騎手たちを履歴書風のインタビューで紹介する「わたしの履歴書」。いよいよ栗東組は西谷凜騎手がフィナーレを飾ります。

父は障害レースで活躍する西谷誠騎手、さらに祖父も元騎手という競馬一家に育った西谷騎手。父も「競馬オタク」と認めるほど、子供の頃から競馬に詳しく、「競馬以外に興味を持っていませんでした」と話します。

騎手を目指してジュニアチームに入ると、父・誠騎手も練習を見に来たり、騎乗風景をビデオに撮ったりとサポートしてくれたとか。憧れであり、大好きな父との夢も語ります。

(取材・構成:大恵陽子)

※このインタビューは電話取材で実施しました


【出身地】

滋賀県です。

【経歴】

周りには競馬関係者の子どもも多かったのですが、僕、競馬が好きすぎて他の人と話が合わないくらいのレベルでした(笑)。

最初は父が乗っている障害レースを見ていただけだったんですけど、急に興味を持って本屋さんに行って「過去の名馬100選」みたいな本を読んだり、昔の馬を調べました。レースは障害しか見ていなかったのが、次第に平地ばかり見るようにもなって。父からは「競馬オタクやな」って言われていました(笑)。

【運動歴・乗馬歴】

小学1年生から5年生まで水泳を習っていて、5年生からは乗馬に切り替えました。それまではただ「競馬が好き」というだけだったのが、馬への愛情がすごく芽生えて、「馬の仕事に絶対に就きたいな」って思いました。

馬は喋ってくれないですけど、一方的に喋りかけちゃうんですよね。自分の中ではしっかり会話が成立しているつもりなんですけど、他の人から見たら変な奴かもしれないです。馬に乗っている時も、降りている時も、馬に声をかけるタイプです。

【志望動機】

父の姿を見たからです。土日は母と一緒に父のレースを見ていました。競馬場にも見に行って、「カッコいいな」と思っていたんですけど、中学1〜2年生の時に中山グランドジャンプを見に行きました。

父は勝てなかったんですけど、大生垣を越えた時の拍手や、命をかけて上がってくる姿とか、すべてがカッコよくて「わ! この仕事いいな!」ってすごく思いました。

馬ラエティBOX

▲▼2009年の中山大障害優勝時の西谷誠騎手 (撮影:下野雄規)


馬ラエティBOX

【趣味・特技】

趣味はホント、競馬しかないです(笑)。横山典弘さんも「趣味・競馬」と書いていて、乗り方とかもすごいなと思うので、僕も「趣味・競馬」というからにはちゃんと研究しないといけないなと思います。

特技は、習っていた水泳とそろばんですかね。暗算は早かったんですけど、そろばんを辞めてから遅くなりました。買い物でも暗算するんですけど、怖くて結局電卓を使います。

【所属先】

谷潔厩舎

【所属先の紹介】

谷先生は人として尊敬できる方で、物事一つ一つ丁寧に教えてくださって優しいです。実習中も多くのことを経験させてもらったので、どうにか恩返しをしたいです。

スタッフの方はすごくフレンドリーで、いろんなことを話せます。ダンツキャッスルの調教に最近乗るようになったんですけど、近走はあんまり成績が良くなくて、どうにか次、結果を残せるようにって担当厩務員さんと二人で頑張っています。

(※取材日は3月2日で、3月14日の阪神・伊丹S(3勝クラス、ダート1800m)でダンツキャッスルは7番人気ながらクビ差2着(団野大成騎手)でした)

【兄弟子】

中村将之騎手が以前所属されていて、兄弟子になります。

【自己PR】

馬のことを第一に考えて日々生活しているつもりなので、跨った時にその馬の個性や特徴をつかんで、その馬の能力を最大限に発揮させられるようにがんばります。

馬ラエティBOX

▲「馬のことを第一に考えて日々生活しています」 (撮影:山中博喜)


【本人希望記入欄】

父へ
今年、僕が新人賞を、父が障害のリーディングを獲って、二人でJRA賞の授賞式に行きたいです。僕もがんばるので、父もリーディングを獲ってください!(笑)。光栄な場所に親子二人で行けたらいいなって思うので、僕もしっかり結果を残さないといけません。

谷先生へ
学校を卒業しても指導してくださる方がそばにいてくださり、ありがたいです。これからも足りない部分は本音で指摘してください。

【師匠からの推薦文】

デビューから4週が経ち、まだ勝ってはいませんが、最後の追う姿などだいぶしっかり乗れるようになってきました。コース取りやレースの流れを読むことなど、まだまだ注文点はありますが、数を乗って慣れていくしかないだろうと思います。

同期がすでに勝っていますが、焦ることは全くありません。だいぶしっかりしてきたので、そのうち結果がついてくると思います。

(※師匠からの推薦文のみ3月31日取材)

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

netkeiba豪華ライター陣がお届けするエンタメコーナー。今まで味わったことのない競馬の面白さを体感してください!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング