スマートフォン版へ

【桜花賞予想】GI3週連続的中なるか!? 「妙味度」が示した波乱の前兆……、今年の桜花賞はとんでもないことが起きる!?/第25回

  • 2021年04月07日(水) 18時00分
先週の大阪杯は、宣言通りの買い目で3連複を的中! GI連勝となりました。

今週からはいよいよクラシックが開幕。第一弾の桜花賞は、白毛の無敗馬ソダシに注目が集まりますが、はたしてソダシは「買うべき馬」か「消すべき馬」か。破壊力抜群の「妙味度」でジャッジします!
(取材・文・構成=オーパーツ・パブリッシング 編集K3)

上位人気馬の妙味度が低いここは大穴狙いのチャンス!


編集K3(以下、K3) 先週は以下のポイントを挙げていただきました。

・「儲かる軸馬」はコントレイル
・グランアレグリアの藤沢和厩舎は逆張りでこそ美味しい
・相手はレイパパレ、ワグネリアン、カデナ、モズベッロ、クレッシェンドラヴの5頭

 かなり際どかったですけど、またまたうまくハマりましたね。

K3 本当に「妙味度」のおかげです。しかも、今回は相手が絞れていましたし、人気薄も含まれていたので資金配分もメリハリをつけやすかったです。

儲かる軸馬

 3週前の反省が本当に活きているんですね(笑)。

K3 やはりルールをしっかり守って、欲望と戦えているのがうまくいっている要因だと思います。実は、

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

卍

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

2007-2009年の3年間で、28億7000万円の馬券を購入し、払戻金30億1000万円を得たことで大阪国税局に告発され、単純無申告の罪で起訴された、俗にいう“外れ馬券裁判”の当事者。2004年に、高回収率を期待できる馬を抽出する独自の指数“卍指数”をもとに、パソコンで自動購入を行う錬金システムを構築。その後、2ちゃんねるの競馬板で豪快な馬券を当て続け、伝説となっていた。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング