スマートフォン版へ

【桜花賞予想】桜花賞の外枠有利(内枠不利)の定説は令和時代には旧説に

  • 2021年04月07日(水) 18時00分

年々“外有利バイアスが後退→消滅”している春の阪神開催


 3歳牝馬クラシックレース第一戦の桜花賞について、一番よく言われる定説データとして“外枠有利=内枠不利”というものがありますが、結論から記すとそれは平成時代までの話であって、この令和時代においては効力を失って“古い常識”になりつつあると

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

ライブドア競馬ブログアクセスランキングで1万ブログ中1位に輝いた実績もある人気ブロガー。独自レースレベル判定にもとづき、世間で過小評価されている“妙味馬”を見つけることに定評あり。すべてのレースの映像をチェックし、配当妙味のある馬を狙うという予想スタイル。各馬固有(厩舎や騎手など人も含む)のプロファイリングポイントに基づいた、激走タイミングにある狙い馬を発掘。馬券に役立つ情報を提供していきます。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング