スマートフォン版へ

【NHKマイルC予想】NHKマイルCは末脚重視のトラックバイアス

  • 2021年05月04日(火) 18時00分
馬場虎太郎

先週のスイートピーSで勝利をしたタガノパッション(c)netkeiba.com、撮影:下野雄規


馬場虎太郎が勝負レース予想をウマい馬券にて公開!殿堂入り予想家としてNHKマイルCで渾身の印を打つ!こちらからご覧いただけます

 東京芝は今開催も路盤の状態が絶好。走りやすく、軽い馬場コンディション。

 先週の東京は木曜から金曜にかけての雨量が多かったが、元々、東京の芝は水捌けが抜群に良いことに加えて、現在の路盤の良さも重なって土曜には既に軽めの馬場コンディションまで回復。

 日曜は前日夜にも降雨があったものの、芝はその影響を感じさせず、土曜と大差ない軽めの馬場コンディションで行われた。

 今週も週中、週末ともにスッキリしない天気予報となっているが、日曜には回復しそう。抜群の水捌けのため、当日にまとまった雨がない限りは今週も軽めの馬場コンディションが想定される。

 今開催、東京芝1600mは5レース行われ、上がり1位だった馬が3勝。全てのレースで3着内に好走。2位の馬も7頭中6頭が3着内に好走。

 そのなかで14頭以上の多頭数で行われたのは3レース。連対した6頭のうち4頭は最初のコーナーを二桁位置取り。位置取りを問わず、直線でどれだけ伸びることができるかが勝負を分ける。末脚のしっかりしたタイプを狙いたい。

馬場虎太郎

NHKマイルCで注目したいシュネルマイスター(c)netkeiba.com、撮影:下野雄規


 シュネルマイスターの前走弥生賞はそれまでよりも距離を延ばして2000mに出走。スローペースのなかで無理に抑えることなく1600mだった2走前のひいらぎ賞と同程度の追走をした結果、前めの位置取りに。2着で内容は悪くなかったが、全体的にメリハリに欠ける走りになってしまった。

 今回は再び1600mに戻り、レースの格も上がる。これまでに比べると他馬も前半に速い馬が多いため、無理にポジションを取りにいかずに普段通りの追走をさせれば、自然と位置取りは後ろになるだろう。しかし、今の馬場状況であれば、それも全く問題ない。本来は追ってから伸びるタイプ。道中で我慢させる形の方が持ち味を活かせる。

殿堂入り予想家となった馬場虎太郎のNHKマイルCの予想はレース当日までにウマい馬券で公開!

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

トラックバイアス(馬場の偏り)を利用した馬券術を用いる馬場分析のプロフェッショナル。JRA発表の馬場状態ではなく独自の指標(※)を用いて真の馬場適性を分析、またパトロールビデオと綿密なデータ分析によって「トラックバイアスの不利」を受けた馬を導き出す。 ※「軽い」「稍軽い」「標準」「稍重い」「重い」の5段階で馬場状態を評価

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング