スマートフォン版へ

【日本ダービー予想】フルゲートが18頭まで縮小された現代においても「最も運のある馬」が激走するのがダービー

  • 2021年05月26日(水) 18時00分

ダービーで激熱の穴パターンはトライアルレースの先行組


 先週オークスについて、当コラムでは「出走馬の多くが前走マイル近辺の速い流れのレースを使われてからの一気の距離延長だけあってスローに落とせずに平均に近いペースになりがち」・「ダービーの様な“立ち回り戦”とは対極の“脱落戦”の様相」・「枠順の有利不利は無し」・「脚質は差し有利」と記しましたが、結果的にもその通りに「平均からやや速めのペースで、先行勢で脱落する所を、中枠の差し追い込み馬が上位独占」という結果となりました。

 それと全く同じ東京芝2400mの舞台で行われるダービーですが、舞台条件は同じでも出走する馬の性質(中長距離に対する耐性や前走レースで経験した距離)が異なるために、レースの中身や好走する馬のタイプについてもまるで異なるというのが大きなポイントです。

 ダービーというレースについて、「最も運のある馬が勝つ」「ダービーポジション(第1コーナーを前方で回らなければ勝てない)」という競馬ファンなら誰しも耳目に触れたことがあるだろう古い格言があります。それは、かつて今よりもフルゲート頭数が遥かに多くに設定されていた時代に言われた話ですが、それが18頭までとなった昨今においても実は大よそ通用している話なのではないかと見ています。

 例えば近年のダービーを振り返ると、

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

ライブドア競馬ブログアクセスランキングで1万ブログ中1位に輝いた実績もある人気ブロガー。独自レースレベル判定にもとづき、世間で過小評価されている“妙味馬”を見つけることに定評あり。すべてのレースの映像をチェックし、配当妙味のある馬を狙うという予想スタイル。各馬固有(厩舎や騎手など人も含む)のプロファイリングポイントに基づいた、激走タイミングにある狙い馬を発掘。馬券に役立つ情報を提供していきます。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング