スマートフォン版へ

出会いと挫折の果てに──自身を導いたターニングポイントを語る 【In the brain】

  • 2021年06月06日(日) 12時00分
VOICE

▲今回は川田騎手の原風景に迫ります (撮影:桂伸也)


テーマを設けて川田騎手の脳内を紐解いていく「In the brain」。前回、前々回のコラムでは、川田騎手の“今”に迫りましたが、今回は時間を一気に戻し、少年時代から話はスタートします。

今では日本を代表するほどの騎手となり、自信も持てるようになった川田騎手ですが、意外にもその人生には“挫折”がついてまわりました。川田騎手に“強さ”を与えた数々の出来事――川田騎手の原風景をのぞきます。

(取材・構成=不破由妃子)

「聞こえただろ? お前なんかいらねぇってよ」



「騎手になったきっかけは?」──デビューしてからというもの、何度となくこの質問を受けてきました。

 でも、僕にはきっかけなんてないんです。物心がついたときには、父(川田孝好調教師)が騎手、祖父(川田利美氏)が調教師、母方の伯父(宮浦正行調教師)も大井競馬場の騎手という環境で、自宅は佐賀競馬場内にある騎手専用のアパート。登校時は調教の真っ最中とあって、「馬が暴れるから走るな!」と怒られながら学校に向かう毎日で、そのときからすでに、僕のなかでは「将来は騎手になるのが当たり前」でした。

 ただ、乗馬を始めるにあたっては、ハッキリとしたきっかけがあり、それは今でも鮮明に覚えています。

 小学3年生のときでした。父の厩舎に預託していただいていた馬主さんの娘さんが『マーキュリーライディングクラブ』という乗馬クラブを経営されていて、ある日、「ポニーがいるから乗りにおいで」と誘ってくださったんです。

 ふたつ返事で両親とともにお邪魔して、そのときに初めて跨ったのがポニーのティナ。普段からサラブレッドを見慣れていた僕は、初めてポニーを見て「ちっちゃいなぁ。かわいいなぁ」と思いながらも、こんな小さい馬なんか簡単に乗れるとバカにもしていました。

 が、父が追い鞭をポンと当てると、突然いなないて強烈な尻っぱね。小さな僕はビューン! と飛ばされて、なんと頭から馬場に突き刺さったんです(笑)。

「大丈夫か!?」と駆け寄る父、心配そうに見ている乗馬クラブの先生、そしてゲラゲラと笑う母…。今でも三者三様の表情がくっきりと脳裏に焼き付いています。ちなみに、僕が宙を飛んでいる様は、スーパーマンのようにキレイだったそうです(笑)。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1985年10月15日、佐賀県生まれ。曾祖父、祖父、父、伯父が調教師という競馬一家。2004年にデビュー。同期は藤岡佑介、津村明秀、吉田隼人ら。2008年にキャプテントゥーレで皐月賞を勝利し、GI及びクラシック競走初制覇を飾る。2016年にマカヒキで日本ダービーを勝利し、ダービージョッキーとなると共に史上8人目のクラシック競走完全制覇を達成。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング