スマートフォン版へ

【エプソムC】アルジャンナほか有力馬の馬体をチェック!

  • 2021年06月07日(月) 18時00分
競馬専門紙「馬サブロー」が誇るパドックの達人・加藤剛史トラックマンにエプソムC出走予定馬の中から7頭の馬体診断を行っていただきました。

(デイリースポーツ 馬サブロー・加藤剛史)


アドマイヤビルゴ

栗東・友道康夫厩舎 牡4


アドマイヤビルゴ

▲6月3日撮影


 肌が薄く品のある顔つきをしていて小ぶりでもきれいにまとまった上品な馬体。柔軟性を感じさせる筋肉の質がこの馬の長所だろう。無駄肉は付かずキリッとした仕上がりで、全体の張りも申し分ない。ただトモが薄く、後ろ脚も流れ気味で力強さという点ではインパクトに欠ける現状。重賞メンバーに入るとパドックで見劣る面は否めない。

アルジャンナ

栗東・池江泰寿厩舎 牡4


アルジャンナ

▲6月2日撮影


 相変わらず迫力満点のボディーで、これで腰回りの厚みを増せば超一流の馬っぷりと言えるだろう。あばらをうっすらと見せて余分な脂肪を残さずに、内臓面の良さが伝わる光り輝いた肌つや。真っすぐに伸びた後脚から蹴りの強さを感じさせる。2歳時にコントレイルには完敗した東京芝1800mだが、舞台設定は最適と言えるだろう。

サトノフラッグ

美浦・国枝栄厩舎 牡4


サトノフラッグ

▲6月2日撮影


 ガッチリとした首差しと厚みのある胸前。菊花賞で3着と好走したとはいえ、

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

相馬の達人たちが重賞レースに出走する有力馬の馬体を診断します。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング