スマートフォン版へ

【ユーザー質問】「電車に乗る前…」ミルコ騎手が日本にきて一番ビックリしたこと

  • 2021年07月20日(火) 18時02分
「Road to No.1」

▲ミルコ騎手が思う“競走馬として完璧な馬”とは? (C)netkeiba.com


今週もユーザー質問をご紹介します! まずは「日本にきて一番ビックリしたこと」。イタリアと日本の違いを、電車にまつわるエピソードを交えて明かします。2つ目は近年牝馬の強さが際立っている理由について、ミルコ騎手自身の思いを語ってくれました。

(取材・構成=森カオル)

※このインタビューは電話取材で行いました

Q.「ものすごく今さらですが、日本にきて一番ビックリしたことはなんですか? 僕は最近、ド田舎から東京に出てきて、満員電車と人々の歩くスピードの速さに衝撃を受けました」(信吾丸さん)


ミルコ おもしろいね(笑)。僕は……なんだろうなぁ。歩くスピードでいえば、僕はミラノで働いていたから、それほどビックリはしなかった。ミラノも人がいっぱいいたし、ランチの時間もあんまりないから、みんなけっこう急いで歩いてましたね。だから、僕も歩くスピードは速いよ。それより僕が日本にきてビックリしたのは、電車に乗る前、みんなちゃんと並んでること!「なにこれ!?」と思った(笑)。

──イタリアでは、ホームで並ばないんですか?

ミルコ 並ばないよ! みんな少しでも早く乗りたいから、ちょっとでも前に行こうと思ってゴチャゴチャしてる感じ。日本はどこでもきちんと並んでいるから、ホントにビックリする。イタリアでは、エスカレーターですらゴチャゴチャだからね。

──なんか怖い(笑)。

ミルコ もうね、みんな戦ってる感じ(笑)。

──イタリアでは、満員電車に乗っていたんですか?

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

質問募集
M.デムーロ世界一になる Road to No.1 / ミルコ・デムーロ
このコラムでは、コラムニストに解説してほしいテーマを募集しています。
競馬で気になっている話題を、下記フォームからお寄せください。
質問フォームへ

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1979年1月11日、イタリア生まれ。弟のクリスチャン・デムーロはイタリアのジョッキー。1997年から4年連続でイタリアリーディング。1999年に初来日。2003年、ネオユニヴァースの皐月賞でJRAGI初制覇。続くダービーも制し、外国人ジョッキー初の東京優駿制覇。2015年3月1日付けでJRAジョッキーに。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング