スマートフォン版へ

【ユーザー質問】馬の“ノド鳴り”について「ジョッキーにとっても難しい問題です」

  • 2021年08月10日(火) 18時02分
「Road to No.1」

▲初めてセレクトセールに行った時の感想も明かします! (C)netkeiba.com


今週はミルコ騎手に届いているユーザー質問を2つピックアップ! まずは馬の“ノド鳴り”について。厩舎にとってもジョッキーにとっても難しい問題だと言います。

2つ目はセレクトセールの思い出。2015年に初めて行ったというミルコ騎手が一番ビックリしたこととは…?

(取材・構成=森カオル)

※このインタビューは電話取材で行いました

Q.「ノド鳴りの馬について教えてください。ノド鳴りの馬は乗っていて競走能力に影響すると思いますか? 距離が延びれば延びるほど苦しくなりますか? また、音はかなり大きいのですか? ノド鳴りの音を聞いたことがないもので」(新参者さん)


ミルコ 僕は獣医さんじゃないから詳しくはないけど…。能力というか、競走成績に影響するのは間違いないと思います。とっても難しくて、音がしていてもちゃんと息が入る馬もいれば、音がしないのに息が入らない馬もいるし。

──ノドに問題があっても、音がしない馬もいるんですね。

ミルコ けっこういるよ。能力だけで一生懸命に走っているけど、やっぱ息が入らないとしんどいね。ものすごくしんどいと思う。

──やっぱり距離が延びれば延びるほど影響が大きくなりますか?

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

質問募集
Road to No.1 世界一になる / ミルコ・デムーロ
このコラムでは、コラムニストに解説してほしいテーマを募集しています。
競馬で気になっている話題を、下記フォームからお寄せください。
質問フォームへ

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1979年1月11日、イタリア生まれ。弟のクリスチャン・デムーロはイタリアのジョッキー。1997年から4年連続でイタリアリーディング。1999年に初来日。2003年、ネオユニヴァースの皐月賞でJRAGI初制覇。続くダービーも制し、外国人ジョッキー初の東京優駿制覇。2015年3月1日付けでJRAジョッキーに。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング